サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 農業・畜産業 > 農業生産 > 改正航空法施行に伴う無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の農業利用ルールについて

更新日:平成30(2018)年1月5日

改正航空法施行に伴う無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の農業利用ルールについて

平成27年12月10日に改正航空法が施行され、農業分野における無人航空機の利用についてルールが定められました。

無人航空機の定義について

「無人航空機」の定義は以下のとおりです。

飛行機、回転翼航空機等であって人が乗る事ができないもの(ドローン、ラジコン機等)のうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満のものを除く)。

これまで水稲等で病害虫防除等に活用されてきた産業用無人ヘリコプター、ドローン等マルチコプター、ラジコン機等は、無人航空機に該当することとなります。

無人航空機の飛行に関するルールについて

改正航空法では、無人航空機の飛行を禁止する空域を飛行する場合や、定められた飛行方法以外の方法で飛行させる場合は、国土交通大臣の許可・承認が必要となります。

飛行に当たって国土交通大臣の許可が必要な空域

  • 空港等の周辺(進入表面等)の上空の空域
  • 地表又は水面から150m以上の高さの空域
  • 国勢調査の結果を受け設定されている人口集中地区の上空

飛行に当たって国土交通大臣の承認が必要な飛行方法

  • 日中以外(日没後から日の出までの間)に飛行させる場合
  • 第三者又は第三者の物件(住宅、鉄塔、電柱、電線、街灯等)との間に距離(30m)を保って飛行させることが出来ない場合
  • 危険物(農薬・肥料は該当)を輸送する場合
  • 無人航空機から物件(農薬、肥料、種子、水等)を投下する場合等

航空法に基づく国土交通大臣への許可・承認申請の手続について

千葉県内の飛行において、国土交通大臣の許可・承認を得るためには、以下の窓口に飛行させる10日前(土曜日、日曜日、祝日を除く)までに、許可・承認の申請書を提出する必要があります。

<1>空港等の周辺(進入表面等)の上空、及び地表又は水面から150m以上の高さの空域を飛行させる場合

成田空港事務所

  • 〒282-8602千葉県成田市古込字込前133
  • 航空管制運行情報官
  • 電話:0476-32-6410
  • FAX:0476-32-6421

<2><1>以外の飛行禁止空域を飛行させる場合、又は国土交通大臣の承認が必要な飛行方法を行う場合

国土交通省

  • 〒100-8918東京都千代田区霞が関2-1-3
  • 航空局安全部運航安全課
  • 電話:03-5253-8111
  • FAX:03-5253-1661

申請書の様式や手続等の詳細については、国土交通省のホームページ外部サイトへのリンクをご確認ください。

航空法の定めるルールに違反した場合、50万円以下の罰金が科せられることがあります。

その他

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部安全農業推進課肥料・農薬班

電話番号:043-223-2888

ファックス番号:043-201-2623

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?