サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 県税 > 県税に関するお知らせ > 地方税法(軽油引取税)違反嫌疑事件の告発について

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年6月16日

地方税法(軽油引取税)違反嫌疑事件の告発について

発表日:令和2年6月15日
千葉県総務部税務課

県は、燃料炭化水素油である重油を自動車の内燃機関の燃料として販売し、不正に軽油引取税を免れた石油製品販売業者を、本日、千葉地方検察庁に告発しました。

1.被告発人

⑴ 犯則嫌疑法人

名称 株式会社武翔商事

所在地 千葉県銚子市豊里台3丁目1110番地の283

代表取締役 武井章

⑵ 犯則嫌疑者

氏名 武井章  (72歳)

住所 千葉県銚子市

2.事件の概要

犯則嫌疑者武井章は石油製品販売業者である株式会社武翔商事の代表取締役であるが、武翔商事の業務に関し軽油引取税を免れようと企て、平成27年5月から平成30年8月までの間、自動車の内燃機関の燃料として合計314,510リットルのA重油を販売するも、これに係る申告納付を行わず、軽油引取税約1,009万円を免れたものである。

3.告発の理由

犯則嫌疑者は、需要家が重油を自動車の内燃機関の燃料として消費することを知りながら、県の調査を逃れるため、間接的にドラム缶や廃タンクローリーに配達するなどして、常習的に重油を販売したものであり、この行為は悪質で脱税額は多額に上る。

また、これらの行為は納税秩序を著しく害し、善良な石油製品販売業者及び運送業等を営む消費者に対し、不公平を生じさせたものであることから、納税秩序の回復及び同種事案の撲滅の見地から、厳重な処分を求め告発した。

4.罪名及び適用法条

罪名 地方税法(軽油引取税)違反

適用法条 地方税法第144条の2第4項(軽油引取税の納税義務者等)

同法第144条の18第1項第2号(軽油引取税の申告納付の手続き)

同法第144条の41第5項(軽油引取税に係る脱税に関する罪)

同法第144条の41第7項(両罰規定)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部税務課軽油引取税室

電話番号:043-223-2170

ファックス番号:043-225-4576

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?