サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 薬物・毒劇物 > 危険ドラッグ > 無承認無許可医薬品・危険ドラッグ対策事業関係報道発表等一覧 > 医薬品成分を含有するいわゆる健康食品等の発見について(H21年12月8日)

更新日:平成29(2017)年2月15日

医薬品成分を含有するいわゆる健康食品等の発見について(H21年12月8日)

平成21年12月8日
健康福祉部薬務課
TEL:043-223-2619

県では、健康被害を未然に防止するため、店頭及びインターネットで販売されている製品の表示・広告から医薬品成分の含有が疑われるいわゆる健康食品及び指定薬物を含有する違法ドラッグであることが疑われる製品を購入し、検査を行っています。平成21年度に購入した強壮効果等を標ぼうしている製品及び違法ドラッグと疑われる50製品について、千葉県衛生研究所で分析を行ったところ、5製品から医薬品成分及び指定薬物が検出されました。上記の製品による健康被害事例は、現在のところ報告されていませんが、これらの成分による健康被害が発生するおそれが否定できません。この製品を購入し、服用している方は、直ちに服用を中止いただくとともに、製品の服用が原因と疑われる症状を示している場合には、医療機関や千葉県健康福祉部薬務課薬事審査指導室(電話:043-223-2619)又は最寄りの健康福祉センター(保健所)に御相談ください。

1違反品の概要

番号 製品名

内容量

(形状)

検出された医薬品成分及び指定薬物
(1) 4men 男

2カプセル

(カプセル)

チオアイルデナフィル
(2) みなぎる無限カマラ王

7錠×2ケース

(丸剤)

ヒドロキシホンデナフィル
(3) LEAPER(リーパー)

300mg×2錠

(錠剤)

チオキナピペリフィル
(4)

絶蝶

Ecstasy

200mg

(粉末)

bk-MBDB(指定薬物)
(5)

7th HEAVEN 0.5G

Blend Herb

0.5g

(乾燥粗切葉)

bk-MBDB(指定薬物)

2製品の写真

(1)4men 男

4men 男1

4men 男2

(2)みなぎる無限力マラ王

みなぎる無限力マラ王1

みなぎる無限力マラ王2

みなぎる無限力マラ王3

みなぎる無限力マラ王4

(3)LEAPER(リーパー)

LEAPER(リーパー)1

(4)絶蝶 Ecstasy 200mg

絶蝶 Ecstasy 200mg1

絶蝶 Ecstasy 200mg2

(5)7thHEAVEN 0.5G Blend Herb

7thHEAVEN 0.5G Blend Herb1

3検出された医薬品成分の概要

(1)チオアイルデナフィルについて

国内外で医薬品として承認されていませんが、医薬品成分であるシルデナフィルと類似の化学構造を有する物質であり、類似の作用を有することが考えられ、健康被害が発生する可能性が否定できません。

(2)ヒドロキシホンデナフィルについて

国内外で医薬品として承認されていませんが、医薬品成分であるシルデナフィルと類似の化学構造を有する物質であり、類似の作用を有することが考えられ、健康被害が発生する可能性が否定できません。

(3)チオキナピペリフィルについて

国内外で医薬品として承認されていませんが、医薬品成分であるシルデナフィルと類似の化学構造を有する物質であり、類似の作用を有することが考えられ、健康被害が発生する可能性が否定できません。

シルデナフィルについて

国内ではシルデナフィルのクエン酸塩が医薬品(販売名:バイアグラ錠)として承認されています。なお、承認されているシルデナフィルクエン酸塩の適応と主な副作用は、次のとおりです。

適応:勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持ができない患者)

副作用:頭痛、ほてり、視覚障害等

添付文章上の警告:高血圧及び狭心症の薬である硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を下げることがあるので十分注意すること。

4検出された指定薬物

(1)bk-MBDB(2-メリルアミノ-1-(3,4-メチレンジオキシフェニル)ブタン-1-オン及びその塩類)

平成20年1月11日指定薬物に指定

※「指定薬物」(45物質指定:平成21年12月8日現在)
薬事法第2条第14項に定義されており、中枢神経系の興奮若しくは抑制又は幻覚の作用を有する蓋然性が高く、かつ、人の身体に使用された場合に保健衛生上の危害が発生するおそれがある物(大麻、覚せい剤、麻薬、向精神薬、あへん及びけしがらを除く。)として、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するもの。指定薬物は、医療等の用途以外の用途に供するために製造し、輸入し、販売し、授与し、又は販売若しくは授与の目的で貯蔵し、もしくは陳列してはならない。また、医薬関係者等向けの新聞又は雑誌により行う場合その他主として指定薬物を医療等の用途に使用する者を対象として行う場合を除き、何人も、その広告を行つてはならない。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部薬務課監視指導班

電話番号:043-223-2619

ファックス番号:043-227-5393

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?