サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 薬物・毒劇物 > 危険ドラッグ > 無承認無許可医薬品・危険ドラッグ対策事業関係報道発表等一覧 > 医薬品成分を含有するいわゆる健康食品の発見について(7月10日発表の追加分)(H18年10月17日)

更新日:平成22(2010)年9月22日

医薬品成分を含有するいわゆる健康食品の発見について(7月10日発表の追加分)(H18年10月17日)

県では、健康被害を未然に防止するため、店頭及びインターネットで販売されている製品の表示・広告から医薬品成分の含有が疑われるいわゆる健康食品を購入し、検査を行っています。
平成18年度に購入した25製品における検査結果については、 7月10日に発表したとおりですが、さらに千葉県衛生研究所で分析を行ったところ、1製品(龍神の粉)から医薬品成分であるクロロプレタダラフィルが検出されました。
いわゆる健康食品からクロロプレタダラフィルが検出されたのは、国内で初めての事例です。
なお、上記の製品による健康被害事例は、現在のところ報告されていませんが、この成分は、副作用として頭痛、消化不良等の健康被害が発生するおそれが否定できません。
当該品を持っている方は、直ちに使用を中止し、健康被害が疑われる場合には、速やかに医療機関を受診してください。

1違反品の概要

 

製品名 内容量 新たに検出された医薬品成分

7月10日に発表済みの

検出された医薬品成分

龍神の粉

2カプセル

(カプセル)

クロロプレタダラフィル

(13.1mg/カプセル)

ヒドロキシホモシルデナフィル

(72.8mg/カプセル)

アミノタダラフィル

(13.3mg/カプセル)

2検出された医薬品成分の概要

クロロプレタダラフィルについて

国内外で医薬品としては承認されていませんが、タダラフィルと類似の化学構造を有する物質であり、類似の作用を有することが考えられ、健康被害が発生するおそれが否定できません。

(参考)タダラフィル

海外では医薬品としての承認されている。(国内では未承認)
適応は勃起不全、副作用は頭痛、消化不良等がある。


 

【化学構造式】

クロロプレタダラフィル タダラフィル
(1)クロロプレタダラフィル (2)タダラフィル

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部薬務課監視指導班

電話番号:043-223-2619

ファックス番号:043-227-5393

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?