ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 医薬品・医療機器 > 新型コロナウイルス感染症の治療薬に係る国への要望について(令和3年8月1日)

報道発表案件

更新日:令和3(2021)年8月2日

ページ番号:454145

新型コロナウイルス感染症の治療薬に係る国への要望について(令和3年8月1日)

発表日:令和3年8月1日
健康福祉部薬務課
電話:043-223-2624

 国は、7月19日に新型コロナウイルス感染症の軽症や中等症の患者を対象とする中和抗体薬を特例承認したところです。

 本治療薬については、ホテル療養又は在宅療養を行っている、リスク因子を有する患者への適用が期待されることから、県では、7月30日に本治療薬の取扱いについて、外来患者への使用を優先することなど、国に対し要望しました。

1 新たに承認された治療薬について

  • 名称 中和抗体薬「カシリビマブ及びイムデビマブ」(※いわゆる「抗体カクテル療法」)
  • 対象 軽症や中等症の入院患者

※次の重症化リスク因子を少なくとも一つ有し、酸素投与を要しない患者

  • 50歳以上・肥満(BMI 30kg/m2以上)・心血管疾患(高血圧等)・慢性肺疾患(喘息等)・糖尿病・慢性腎疾患(透析患者等)
  • 慢性肝疾患・免疫抑制状態・喫煙・妊娠後期
  • 用法 1回 点滴静脈注射
  • 医療機関での使用開始 7月20日から受注開始(受注後3日以内に発送)

 ※各医療機関が中外製薬のロナプリーブ登録センターに登録し、発注する。

 ※現時点では、入院設備を要する施設のみ発注可能

2 要望内容

  1. 現在、投与対象者を軽症や中等症の重症化リスクを有する入院患者としているが、外来患者への使用を優先すること。
  2. 中和抗体薬「カシリビマブ及びイムデビマブ」の安定供給に努めるとともに、今後の供給見込みを適宜示し、医療機関での治療が円滑に行えるようにすること。
    なお、配分に当たっては、本県のように感染者の発生が多い地域の医療機関に対し、重点的に行うこと。

要望書

 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部薬務課監視指導班

電話番号:043-223-2619

ファックス番号:043-227-5393

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?