ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 医薬品・医療機器 > 医薬品 > 【医療機関・薬局向け】新型コロナウイルス感染症の経口抗ウイルス薬について > 【薬局】新型コロナウイルス感染症の経口抗ウイルス薬(ラゲブリオカプセル)の取扱いについて

更新日:令和4(2022)年4月28日

ページ番号:497356

【薬局】新型コロナウイルス感染症の経口抗ウイルス薬(ラゲブリオカプセル)の取扱いについて

【お知らせ】令和4年3月11日

経口抗ウイルス薬を調剤薬局に配分するために必要な、国における登録受付が再開されたことから、県においてもラゲブリオに係る対応薬局(ラゲブリオ対応薬局)の募集を再開します。

なお、必要に応じて県内の状況等を考慮し国に報告するため、県への回答順に手続きが進まない可能性があることについて、御承知おきください。

※事務の進捗状況を踏まえ、あらためて休止等する可能性があります。

令和3年12月24日付けで厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部及び同省医薬・生活衛生局総務課から発出された事務連絡において、経口抗ウイルス薬(ラゲブリオカプセル)の提供の流れ等が示されました。ラゲブリオカプセルの取扱いを希望する薬局におかれましては、以下の内容をご確認の上、必要な手続き等を行ってください。

  1. ラゲブリオ対応薬局の条件
  2. ラゲブリオ対応薬局の登録手続
  3. ラゲブリオ対応薬局リストの修正・削除
  4. 問い合わせ先
  5. 関連リンク
  6. よくある質問

1.ラゲブリオ対応薬局の条件

ラゲブリオ対応薬局は、次のいずれも満たす薬局であること

  1. 令和3年10月1日付け通知「今夏の感染拡大を踏まえた今後の新型コロナウイルス感染症に対応する保健・医療提供体制の整備について」(PDF:651.6KB)における自宅療養者等の治療体制に対応・協力すること。
  2. 令和2年4月10日付け通知「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」中、「2.薬局における対応」に記載する服薬指導等の実施や薬剤の配送等の対応を行うこと。特に、薬剤の配送等の対応については、2.(4)に沿って、医療機関から送付された処方箋に基づき、患者宅へ直接薬剤を届ける体制や、地域の運送業者と連携して配送する体制など、患者が薬局に来所せずに手に入る体制を構築すること。
  3. 夜間・休日、時間外、緊急時の対応(輪番制による対応含む)を行うこと。

2.ラゲブリオ対応薬局の登録手続

ラゲブリオ対応薬局への登録を希望する薬局は、以下により回答様式を県に送付してください。

 
回答様式

回答様式(エクセル:12.9KB)

※エクセル様式でのみ回答を受け付けますので、ファイルが開けない場合は別途ご相談ください。

回答送付先 honbu23@mz.pref.chiba.lg.jp
注意事項
  • クラスターへの対応を想定し、在庫量を引き上げる薬局については、現在受け付けていません。
  • 全ての項目を記載してください。記載漏れがある場合は受付できません。
  • 回答の対象は、所在地が千葉県内の薬局に限ります。

  • 取りまとめたリストは医療機関・医薬品卸協同組合等の関係機関と共有するとともに、今後、国や県において公表する場合があります。「時間外・緊急時の電話番号」については、公表の可否を選択できますので、公表しても良い場合は、その旨を回答送付の際にメールの本文にて御連絡ください。

  • 夜間等の対応を輪番制により対応する場合、輪番先の薬局を定めることができます。

  • 他のラゲブリオ対応薬局が経口治療薬を必要と見込む場合に、ある程度の在庫を持ち、その薬局に対して薬剤を供給することが可能な場合には、回答様式の回答欄「供給の役割を担う薬局である場合は「○」を記載」に○を記載してください。なお、供給の役割を担う薬局は、地域の医薬品提供体制の確保のため、他の薬局から求めがあった場合には、対応することとなります。(現時点では、供給の役割を担う薬局と他のラゲブリオ対応薬局において、発注可能な量や確保できる在庫量に違いはありませんが、今後、感染状況や経口薬の活用状況等を踏まえて、供給の役割を担う薬局を活用する必要性が生じた場合には、改めてお伝えします。)

  • 集計の都合上、ファイル名称を以下のとおりとしてください。

【ファイル名称】:(日付)(薬局名称)

 (例)3月5日に「県庁薬局」が提出する場合のファイル名称 : 0305県庁薬局

 

【電子メール件名】:ラゲブリオ対応薬局回答(薬局名称)

 (例)「県庁薬局」が提出する場合の電子メール件名 : ラゲブリオ対応薬局回答(県庁薬局)

3.ラゲブリオ対応薬局リストの修正・削除

対応薬局リストの修正

  • 再度、回答様式を作成の上、honbu23@mz.pref.chiba.lg.jp 宛てに送付してください。
  • 修正のあった項目をメール本文に記載してください。
  • 電子メールの件名は「ラゲブリオ対応薬局回答(薬局名称)・修正希望」としてください。

対応薬局リストの削除

  • 県に提出した回答様式を再度、honbu23@mz.pref.chiba.lg.jp 宛てに送付してください。
  • 電子メールの件名は「ラゲブリオ対応薬局回答(薬局名称)・削除希望」としてください。
  • 薬局にラゲブリオの在庫がある場合は削除ができません。

4.問い合わせ先

県への申請に関すること

千葉県健康福祉部薬務課 電話番号 043-223-2614

ラゲブリオ登録センターへの登録、配分依頼に関すること

ラゲブリオ登録センター専用ダイヤル 0120-682-019

5.関連リンク

6.よくある質問

Q:県への申請後、何日くらいでラゲブリオカプセルは配分依頼が可能となりますか。

A:各日午後2時までに回答を受け付けた医療機関については、翌日(翌日が土日祝日の場合は翌開庁日)を目安に国にリストを提出します。国からリストの提供を受けた製造販売業者が、システムに反映させたのち、配分依頼が可能となります。このことから、発注までに日数を要しますので、ご承知おきください。

Q:ラゲブリオカプセルの配分を依頼した後、何日くらいで手元に届きますか。

A:「ラゲブリオ登録センター」において、各日15時までに取りまとめた配分依頼については、地域等により多少の差異がありますが、原則翌日(日曜祝日を除く)に配送されます。【国質疑応答集(R4.3.25) Q.5】

Q:ラゲブリオカプセルを扱う医療機関や対応薬局を教えてください。

A:ラゲブリオ登録センターへの登録が済んだ対象機関は、ラゲブリオ登録センターにログインすることで、登録済み医療機関及び、在庫発注を行った対応薬局のリストを閲覧することができます。【国質疑応答集(R4.3.25) Q.4】

Q:ラゲブリオカプセルに関する診療報酬の請求について教えてください。

A:診療報酬の請求に関することは、関東信越厚生局にお問合せください。なお、厚生労働省から以下のQ&Aが示されています。

 Q:配布を受ける医療機関及び薬局側に、費用負担は発生するのか。

 A:当面の間は、本剤を厚生労働省が購入し、投与対象者へ使用される時点で対象機関に無償譲渡されるため、薬剤費を支払う必要 はありません。取り扱いに変更がある場合には、あらためて御連絡します。なお、本剤は、保険外併用療養費制度において、保険診療との併用が認められています(本剤以外の医療費については、通常どおり保険請求してください)。【国質疑応答集(R4.3.25) Q.14】

Q:院外処方の流れについて教えてください。

A:診察した医療機関から、処方箋とともに適格性情報や同意書取得等についてのチェックリストを患者が希望する薬局にファクシミリ等で送付した後、原本を当該薬局に送付してください。なお、処方箋送付先の対応薬局には、事前に電話等で一報することが望ましいとされています。(開局時間外の場合は確実に電話等で一報してください。)

※医療機関では「同意書の原本」を、薬局では「処方箋」と「適格性情報チェックリストの原本」を管理することとなります。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部薬務課

電話番号:043-223-2614

内線:2614

ファックス番号:043-227-5393

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?