ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > 環境学習 > 教材・活動事例 > 「川の汚れ浄化ゲーム」の発行について

報道発表資料

更新日:平成27(2015)年3月3日

「川の汚れ浄化ゲーム」の発行について

川の汚れ浄化ゲーム

発表日:平成27年3月3日

千葉県環境研究センター
電話:0436-21-6371

環境研究センターは、全国で初めて、ゲーム形式の川の浄化能力や水質汚濁問題を理解することができる環境学習教材「川の汚れ浄化ゲーム」を作成しました。
このゲームは、水質汚濁の原因となる窒素やりんが、河川水中で化学的な変化や生物の食物連鎖によって姿を変え、浄化されるプロセスをゲームをとおして学ぶものです。カードを出したり、ゲーム盤上のマーカーを動かす活動を通して、水質の専門用語に慣れ、川の浄化作用を理解できるもので、小学校高学年以上を対象にしています。
本ゲームを活用する県内の学校、環境学習に取り組む市民環境保全活動団体を募集します。

1.ゲームの内容

本ゲームは、だれが一番早く自分の川(ゲームシート)の汚れ(マーカー:有機物中の窒素やりん)をなくせるかを争うゲームです。自分のマーカーを動かすだけではなく、【汚濁カード】で相手のマーカー(汚れ)をふやしたり、【妨害カード】で相手のマーカーを足止めしながら、一番早く全てのマーカー(汚れ)をゴールさせた人が勝ちです。

小学校高学年以上を対象とし、1セットのゲーム人数は3人から6人です。

2.募集団体数(ゲーム贈呈)

県内学校20校(1学校8セットまで)にゲームを贈呈します。

県内環境保全活動団体10団体(1団体8セットまで)にゲームを贈呈します。

3.申込方法

電話でお申し込みください。3月5日(木曜日)から申し込み順で受け付けます。送料はセンターで負担します。

4.申し込み先

千葉県環境研究センター企画情報室(受付時間平日9時00分~16時30分)

電話:0436―24―5309

5.貸出

貸出(100セット)も行います。学校団体の場合は、送料はセンターで負担します。

6.経緯

本ゲームについては、試行版を2007年に作成し、アンケート調査や教育効果測定調査を実施しました。その結果を元に、カード構成や説明書等も見直しました。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部環境研究センター企画情報室

電話番号:0436-24-5309

ファックス番号:0436-21-6810

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?