ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 入札・契約 > 物品・委託等 > 入札等の公告(物品・委託等) > 平成29年度環境講座実施業務委託に係る企画提案の募集について

更新日:2017年2月6日

入札は締め切りました。

平成29年度環境講座実施業務委託に係る企画提案の募集について

千葉県では、「持続可能な社会づくりに向けて、豊かな感受性を育み、問題解決力を身につけ、主体的に行動できるひとづくり」をめざした環境学習を推進しており、その一環として、県民を対象に環境講座を実施しています。
本講座は、子どもから環境学習指導者を目指す人を対象として、環境や環境問題の現状について関心を高め、理解を深めるとともに、環境学習・環境保全活動を推進する人材の育成を行うことを目的としています。

本業務について、公募型プロポーザル方式により委託先を決定するため、当該講座に関する企画提案を募集します。

なお、本業務に係る契約は、平成29年度歳入歳出予算が平成29年3月31日までに千葉県議会で可決された場合において、平成29年4月1日以降に確定します。

事業名

平成29年度環境講座実施業務

委託業務の内容

(1)開催日及び開催内容


契約締結の日から平成30年2月9日(金曜日)までの間に、下表に定める講座等を実施する。

講座の概要 開催日 対象 開催数
(1)環境学習・環境保全活動の指導者養成講座
<目標>
環境学習に先導的に取り組む人を育成する。
<内容>
●環境学習・環境保全活動の指導方法を学ぶ講座
・団体運営のノウハウ
・環境活動プログラムの組み立て方
・環境情報の収集や発信方法
・現場活動の手法
(留意事項)
知識の習得に留まらず、現場体験を組み入れるなど、効果が上がるよう留意する。
29年4月~30年2月 環境学習・環境保全活動の指導者 2回以上

(2)講演・体験活動等の講座
<目標>
講演、体験活動による講座を行い、環境や環境問題の現状について県民の関心を高め、理解を深める。
<内容>
<1>講演
環境問題について、受講者の関心・注目度の高いテーマを取り上げる。

なお、以下の内容を盛り込んだテーマはそれぞれ必ず入れること。

・化学物質(※)に関する環境問題

・地球温暖化の現状及び対策の実践
<2>体験活動
環境保全や持続可能な社会づくりのために受講者が体験を通して学べる内容とする。
(例:環境をテーマとした工作教室、動物や植物に関する観察会など)
<3>夏休み自然環境学習
小学校の夏休み期間中に自然体験活動を行う。
<4>施設見学
工場等の産業施設など、環境について学ぶことが可能な施設に行き、環境の観点から見学する。

29年4月~30年2月 一般県民

「<1>講演」は、合計2回以上とすること
・「<2>体験活動」、「<3>夏休み自然環境学習」及び「<4>施設見学」の合計を5回以上とすること。(そのうち、バスを利用したツアー型の企画を3回以上とすること)

(3)環境研究センター職員を講師とした講演の運営
・講演のテーマ及び講師については、県が指定する。

(提案書様式6の提出は不要)

・講演時間は2時間程度、定員は40名程度とする。

29年4月~30年2月 一般県民 1回
(4)こども環境会議ちば
・こどもエコクラブの会員が集まる「こども環境会議ちば(会員及びサポーターの交流会、活動内容の発表及び体験学習)」を開催する。
・ニュースレター(標題:こどもエコネットちば、サイズ:A4両面4枚以上)を、当該会議の内容を主なコンテンツとして作成し(小学生3~4年生向け)、2,000部印刷の上、こどもエコクラブ、県内各市町村及び各市町村教育委員会、県の関係機関、日本環境協会(こどもエコクラブ全国事務局)、一般財団法人千葉県環境財団に送付する。
29年4月~30年2月 こどもエコクラブ(90団体程度)

1回

 

※「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」における第一種指定化学物質及び第二種指定化学物質をいう。

(2)場所

千葉県内の複数の市町村において、広範な地域で開催する。
必要に応じて、県内の体験活動のできる環境学習施設を活用する。

(3)対象

千葉県内に居住又は勤務、通学する受講希望者。なお、受講料は無料とする。

(4)受講者

内容により適正な定員を設定し、全講座合計して300名以上(環境研究センター職員を講師とした講演を除く)とする。

(5)委託業務内容

講座の詳細企画作成、講座開催の準備、広報業務、受付業務、講座の開催、会計事務、行事保険への加入、報告書の作成等

 

3.応募資格

本講座実施業務は、公募の後、選考を経て、1団体を決定しますが、以下の応募資格を満たしている必要があります。

次の(1)か(2)のいずれかに該当する者であること
(1)環境学習に関連した業務またはイベントの企画運営の業務を扱っている事業者
<1>個人事業者でないこと
<2>国、都道府県や市町村等を除いた法人であること
(2)営利を目的としない任意団体で、環境学習、環境保全活動を行うことを主たる目的として、千葉県内を中心に活動していること
<1>会員が10名以上で構成され、代表者、組織の運営に関する規定を定めた規則等を有していること
<2>活動歴が3年以上であること(任意団体が法人化した場合は、任意団体の活動歴を含む。)
また、(1)、(2)に共通して以下の要件を満たす者
<1>千葉県内に事務所(自宅兼可)を有すること
<2>宗教活動を行う団体ではないこと
<3>暴力団又は暴力団(若しくはその団員)の統制下にある団体ではないこと
<4>平成29年度に当該委託業務と同様の内容について、他の機関(千葉県の他部局庁課も含む)から委託や助成を受けていない、又は受ける可能性がないこと
<5>地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第1項の規定に該当しない者であること
<6>この公募開始の日から審査完了の日までの間に、千葉県から指名停止の措置を受けていない者であること
<7>平成29年度環境講座実施業務受託者選定委員会の委員ではないこと。また、委員が自ら主宰し、役員若しくは顧問として関係する法人その他の組織及び当該組織に所属する者でないこと

4.委託金額

委託金額の上限は、4,844,880円(消費税及び地方消費税を含む。)とします。

5.応募期限・応募方法

(1)提出期限

平成29年3月6日(月曜日)午後4時30分(必着)
※郵送の場合も当日必着とします。


(2)応募方法

持参又は郵送(電話、FAX、Eメールによる応募は受け付けません。)
※持参の場合は、事前に電話で日程を確認してください。

 

(3)提出書類と部数

<1>平成29年度環境講座実施業務委託プロポーザル参加資格申請書(様式1)・・2部
<2>応募者に関する調書(様式2)・・・2部
<3>事業関連役員・職員名簿(様式3)・・・2部
<4>直近2年の事業報告書(様式4)・・・2部
<5>直近2年の収支計算書(任意の様式)・・・2部
<6>定款(写)、又はそれに代わる代表者、組織の運営に関する規定を定めた規則等・・・2部
<7>提案書(様式5から9)・・・正本1部(押印)、副本5部

 

(4)応募先

〒290-0046
千葉県市原市岩崎西1-8-8
千葉県環境研究センター 企画情報室
TEL.0436-24-5309
FAX.0436-21-6810

 

(5)募集要項等ダウンロード

平成29年度環境講座実施業務委託プロポーザル募集要項(PDF:233KB)

平成29年度環境講座実施業務委託仕様書(PDF:238KB)

平成29年度環境講座実施業務委託プロポーザル参加資格審査申請書(様式1~4)(ワード:23KB)

平成29年度環境講座実施業務委託事業提案書(様式5~9)(ワード:23KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部環境研究センター企画情報室

電話番号:0436-24-5309

ファックス番号:0436-21-6810