ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > 大気 > 大気環境 > VOC(揮発性有機化合物)対策 > (平成30年)6月から9月は「夏季のVOC対策」重点実施期間です~近隣都県市と共同して光化学スモッグ等の改善に取り組みます~

報道発表資料

更新日:平成30(2018)年6月1日

(平成30年)6月から9月は「夏季のVOC対策」重点実施期間です~近隣都県市と共同して光化学スモッグ等の改善に取り組みます~

(同日発表:千葉県、東京都、神奈川県、千葉市、相模原市)

発表日:平成30年5月31日

環境生活部大気保全課 

揮発性有機化合物(VOC)光化学スモッグの原因物質のひとつであり、その排出削減は、浮遊粒子状物質(SPM)微小粒子状物質(PM2.5)の低減にも有効と考えられています。

近年、大気汚染防止法や県条例などによりVOC排出抑制対策が図られていますが、夏季においては、気温が高く日射が強いことから、毎年広い範囲で光化学スモッグが発生しやすい状況となります。

そこで、千葉県では、昨年度に引き続き、埼玉県・東京都・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市・相模原市と共同して、「夏季のVOC対策」重点実施期間を設定し、VOCの排出削減に取り組みます。

1 実施期間

平成30年6月~9月(光化学スモッグ注意報が発令されやすい期間)

2 実施期間中における取組

(1)各都県市共通の取組

  • 排出抑制に向けた取組の呼びかけ
    VOCを排出する事業者(有機溶剤を取り扱う工場・事業場など)に対し、保管容器のふた閉め等の基本的な取組の徹底、低VOC製品の使用等を呼びかけます。
    呼びかけは、各都県市において、ホームページの掲載やリーフレット(PDF:685KB)の配布、立入検査時の指導等を通じて実施します。

(2)千葉県の取組

3 千葉県で実施している通年の取組

※光化学スモッグ注意報等の発令やPM2.5に関する情報提供

ホームページ等において発令等の情報提供を行っています。

【参考】

県内の光化学スモッグ注意報年度別発令日数(過去10年間)

県内の光化学スモッグ注意報年度別発令日数(過去10年間)のグラフ

用語解説

 揮発性有機化合物(VOC)

大気中に排出され、又は飛散したときに気体である有機化合物(メタンとフロン類を除く)をいいます。代表的な物質としては、塗料やガソリンなどに含まれるトルエン、キシレンなどがあります。

 

 光化学スモッグ

大気中の窒素酸化物や揮発性有機化合物(VOC)が太陽の紫外線を受けて光化学反応を起こして生成した、光化学オキシダントが原因で発生します。
光化学スモッグは、目をチカチカさせたり、胸を苦しくさせたりする等、健康に影響を与えることがあります。

 

 浮遊粒子状物質(SPM)

大気中に気体のように長期間浮遊しているばいじん、粉じん等の微粒子のうち粒径が10マイクロメートル(1cmの1000分の1)以下のもので、大気中に長時間滞留し、肺や気管などに沈着して呼吸器に影響を及ぼす危険があります。

 

 微小粒子状物質(PM2.5)

浮遊粒子状物質(SPM)に比べ、さらに粒子の細かい粒径2.5マイクロメートル以下のものを微小粒子状物質としてPM2.5と呼んでいます。
PM2.5は、粒径が小さいことから、肺の奥まで入りやすく、様々な健康影響が懸念されていることから、平成21年に環境基準が設定されています。

 

 千葉県揮発性有機化合物の排出及び飛散の抑制のための取組の促進に関する条例(VOC条例)

光化学スモッグ等の原因と考えられるVOCについて、事業者の自主的な排出抑制対策を促すために制定された千葉県独自の条例。自主的取組対象施設の設置者に、自主的取組計画と取組実績の報告を求めるとともに、これらの公表を行っています。

 

 VOC対策アドバイス制度

事業者によるVOC排出抑制に関する自主的取組を支援するため、中小企業者を対象に県職員が事業所を訪問し、VOCの簡易測定を行い、無料で必要なアドバイスを行っています。

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部大気保全課大気指導班

電話番号:043-223-3802

ファックス番号:043-224-0949

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?