ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 組織としごと > 知事部局本庁各課 > 環境生活部 > 大気保全課 > 非常時における常用発電機の排出規制の考え方について

更新日:平成27(2015)年10月29日

非常時における常用発電機の排出規制の考え方について

このことについて、環境省から通知がありましたのでお知らせします。

《環境省通知》

平成27年6月25日付け環水大大発第1506251号「非常時における常用発電機の排出規制の考え方について」(PDF:22KB)

この通知を受けて、今後、県では、非常時に短時間の電源確保を目的として、排出抑制対策を講ずることができない常用発電機をやむを得ず使用する場合にあっては、排出基準に適合しないばい煙を一時的に排出することについて、大気汚染防止法第14条第1項及び第3項に規定する改善命令等の対象外として取り扱うこととします。

事業者のみなさまには、この対応が例外的なものであることを御理解いただくとともに、できる限りばい煙の排出抑制に努めるようお願いします。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部大気保全課大気規制班

電話番号:043-223-3804

内線:3804

ファックス番号:043-224-0949

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?