ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年5月17日

東総広域水道企業団の笹川浄水場における汚泥の放射性物質の測定結果について(第24報)

平成30年5月17日

東総広域水道企業団

電話:0478-86-3821

東総広域水道企業団で公表した資料を転載します。

なお、測定結果と今後の対応に関するお問い合わせは東総広域水道企業団にお願いします。

東総広域水道企業団笹川浄水場における汚泥の放射性物質の測定結果について

東総広域水道企業団では、笹川浄水場の浄水処理過程で生じる汚泥について、搬出時期を迎えたため、5月16日にサンプリングを行い放射性物質を測定しましたので、その結果についてお知らせします。

1測定結果(5月16日採取)

単位:Bq(ベクレル)/kg

項目

放射性ヨウ素

放射性セシウム

I-131

Cs-134

Cs-137

合計

天日乾燥汚泥

不検出

不検出

10

10

水道水については、平成23年4月12日以降、放射性物質が不検出の状況となっておりますので、安心して飲用等にご利用ください。

2今後の対応

  • 今回測定した汚泥については、関係業者と調整した結果、セメントの副原料として処分します。
  • また、今後の測定結果については、ホームページに掲載します。

3平成29年10月以降の放射性物質の分析について

平成23年4月以降、搬出時期に放射性物質の分析を、各乾燥床ごとに実施してまいりましたが、ここ数年100Bq/kg以下と非常に低い濃度で安定した状況が続いております。
このことから、平成29年10月以降の放射性物質の分析は、搬出時1床を実施することにいたしました。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部水政課水道事業室

電話番号:043-223-2629

ファックス番号:043-222-0046

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?