ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 教えてちばの恵み > 千葉の農林水産物 > 千葉さかな倶楽部 > 千葉海苔キャッチフレーズが決定しました!~千葉海苔関係者による初の統一キャッチフレーズ~~チーバくんの新デザイン作成~

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年3月8日

千葉海苔キャッチフレーズが決定しました!
~千葉海苔関係者による初の統一キャッチフレーズ~
~チーバくんの新デザイン作成~

発表日:平成29年3月7日

千葉県漁業協同組合連合会

千葉県海苔問屋共同組合

千葉県農林水産部水産局水産課

多くの方に千葉海苔を知っていただき、千葉海苔の消費拡大を図るため、親しみやすく思わず千葉海苔を食べたくなるようなキャッチフレーズを募集したところ、北海道から沖縄まで全国各地から、3,409作品もの応募をいただきました。
選考の結果、千葉海苔のキャッチフレーズを「ちょっと贅沢 ずっと ちば海苔」に決定しました。
また、千葉海苔を持ったチーバくんの新デザインを作成しました。
このキャッチフレーズと新デザインのチーバくんは、今後、関係者で連携して、店頭やイベントで使用するのぼりやポスター等に活用していきます。

 キャッチフレーズ

「ちょっと贅沢 ずっと ちば海苔」

保岡直樹さん(東京都)

講評(コメント)

千葉海苔の質の高さを表現しつつも親しみやすく、長くご愛顧いただきたいとの思いを上手に表現しており、非常にいいキャッチフレーズである。

選定方法

一次審査において、3,409作品の中から25作品を選定した後、最終選考会にて入賞作品を決定

<最終選考会構成員>

外部専門家2名(ブランドコンサルティング企業代表、大学准教授)

生産者2名、海苔問屋2名、漁連1名、県1名

<参考>募集の経緯

本県のノリ養殖は、約200年の歴史を有しており、現在『江戸前海苔』としてお店で売られているそのほとんどが本県産となっています。
本県のノリ養殖は、『色よし・味よし・香りよし』の江戸前海苔として、全国でも高い評価を受けてきましたが、消費動向や購買行動の変化により、消費者の千葉海苔の認知度低下が課題となっています。
そこで、千葉海苔の生産から流通に関わる関係者が連携し、消費者から親しまれ、千葉海苔を食べたくなるようなキャッチフレーズを募集しました。

<参考>その他の入賞作品

○優秀賞

「香立つ江戸前の味千葉の海苔」 森田智子さん(神奈川県
「江戸前の粋と風味のおもてなし」 植松孝悦さん(東京都)
「江戸前の粋なおいしさ千葉の海苔」 松本周子さん(京都府)

○佳作

「伝統の江戸前のり 千葉海苔」 「香り、本格 味、別格 千葉海苔」
「一枚一枚、おもてなし。」 「江戸前の香り豊かな千葉の海苔」
「江戸前を今へ伝える色・味・香」 「美味しさは、江戸前プライド。」

新デザインのチーバくん

右手におにぎり、左手に千葉の海苔を持ったチーバくんのデザイン

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部水産課流通加工班

電話番号:043-223-3045

ファックス番号:043-221-3425

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?