• 組織としごと
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Languages
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒色
黒地に黄色

ホーム > 生活・福祉・医療 > 生活 > 防災・国民保護 > 東日本大震災関連情報 > 放射線・放射能関連情報-東日本大震災 > 水産物の放射能検査結果 > 千葉県が実施した検査結果一覧

  • 安全・安心情報
  • 防災ポータル
  • イベント情報
  • 公募・募集情報
  • 相談・問い合わせ窓口
  • よくある質問
  • 総合手続案内
  • サービス停止情報

ここから本文です。

 

更新日:平成25(2013)年3月28日

千葉県が実施した検査結果一覧

県では、東京電力福島第一原子力発電所の事故に関連して、県内水産物のモニタリング検査を行いましたので、その結果についてお知らせします。

これまでの検査結果は、流通している海産魚では、すべて基準値放射性セシウム100ベクレル/kgを下回っています。

なお、銚子・九十九里地区の生産者が自主的に出荷を自粛しているスズキについては平成25年2月18日に基準値を超える放射性セシウムが検出されましたが、引き続き、出荷を自粛することとしており、流通はしていません。

淡水魚では、手賀沼のモツゴ・ギンブナ・コイ、利根川のギンブナ・ウナギが基準値100ベクレル/kgを上回ったため、県はこれらの魚種の出荷自粛を要請し、地元漁協はすべての魚種の出荷を自粛しています。
なお、手賀沼及びこれに流入する河川(支流を含む。)並びに手賀川(支流を含む。)において採捕されたギンブナについては、原子力災害対策本部長から出荷制限の指示が出ています。

(平成24年6月15日の検査で安全性が確認された利根川のテナガエビは出荷・販売が可能となりました。また、手賀沼のゲンゴロウブナ(ヘラブナ)は非食用(釣り堀用)に限り、地元漁協では平成24年12月14日から出荷が可能となりました。)
県では、今後も水産物の放射性物質検査を継続して行い、その結果を速やかに公表し、県産水産物の安全性の確保に努めて参ります。消費者並びに小売業者の皆様には、平常どおりの買い物や商売をお願いいたします。

検査結果一覧(公表日順)

  1. 平成23年3月24日から11月14日まで(エクセル:52KB)
    平成23年3月24日から11月14日まで(PDF:72KB)
  2. 平成23年11月16日から平成24年3月30日まで(エクセル:61KB)
    平成23年11月16日から平成24年3月30日まで(PDF:93KB)
  3. 平成24年4月2日から平成25年3月28日まで(エクセル:165KB)
    平成24年4月2日から平成25年3月28日まで(PDF:196KB)

関連情報

銚子・九十九里沖及び東京湾の主要魚種の検査結果の推移(PDF:258KB)NEW

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

所属課室:農林水産部水産課企画指導室

電話:043-223-3041

ファクス:043-221-3425

所属課室:農林水産部漁業資源課漁場環境整備班

電話:043-223-3039

ファクス:043-201-2616

『海の魚』に関するお問い合わせは【水産課】へ
『河川湖沼の魚』に関するお問い合わせは【漁業資源課】へ
お願いします。

ページの先頭へ戻る

最近閲覧したページ

機能の説明