ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 水道・下水道 > 千葉県水道局 > 災害対策|水道局(上水道) > 県営水道給水区域11市と「排水栓の取扱い等に関する覚書」を締結

報道発表資料

更新日:平成27(2015)年3月6日

県営水道給水区域11市と「排水栓の取扱い等に関する覚書」を締結

発表日:平成27年3月5日

千葉県水道局技術部給水課
電話:043-211-8693

千葉県水道局では、給水区域内の各市が取り組む防災体制の強化に協力するため、県水道局が水道管内を洗浄した水などを排水するために設置した「排水栓」を、消火用水源として活用してもらえるよう、給水区域内の11市1組合と「上水道における排水栓の取扱い等に関する覚書」を締結しました。
この覚書により、狭隘な道路等に設置されている排水栓を初期消火活動に活用でき、消火用水源がこれまで以上に確保されることから、各市における地域防災力の強化が期待されます。

1.覚書締結の経緯

県水道局では、給水区域内の市からの排水栓を消火活動に活用したいとの要望を受け、平成25年度から、給水区域内の全市と排水栓の活用についての協議を進めてきました。このたび協議がまとまり、覚書を締結したものです。

2.覚書締結日

平成27年3月5日

3.覚書締結者

千葉県と千葉市、市川市、船橋市、松戸市、習志野市、市原市、浦安市、鎌ケ谷市、成田市、白井市、印西市及び印西地区消防組合

4.覚書の概要

(1)目的

県営水道給水区域内の11市と1組合が消防活動のための水源として、千葉県水道局が所管する排水栓を使用することについて基本的な事項を定めること。

(2)排水栓の使用

ア.市の消防部局は、消防活動、訓練演習等に県水道局給水区域内の排水栓を使用することができる。

イ.市が認めた自主防災組織は、訓練演習及び消火のために県水道局給水区域内の排水栓を使用することができる。

ウ.市及び自主防災組織が行う消防活動等(上記ア、イ)に排水栓を使用した場合の使用料及び水道料金は徴収しない。

(3)対象となる区域

千葉県水道局の給水区域(別紙)(PDF:361KB)

5.今後の予定

  • 各市と協議の上、覚書の具体的な運用についての必要な事項(実施細目)を定める。
  • 各市は、排水栓を安全に使用するための取扱要領(マニュアル)を作成する。
  • 自主防災組織は、訓練演習を実施したうえで、排水栓を消火用水源として活用する。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:水道局 水道部給水課配水施設室施設管理班

電話番号:043-211-8693

ファックス番号:043-274-9806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?