ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年9月5日

渇水と節水対応

今年の渇水の状況

千葉県工業用水道事業の水源である利根川上流ダム群において、平成28年6月16日現在、同時期における観測史上最低の貯水率を示しており、非常に厳しい状態となっています。

そのため、水源を利根川水系ダム群に求める千葉地区、房総臨海地区及び東葛・葛南地区において、現在10%の取水制限を実施しています。

工業用水道事業における対応について

過去の渇水の状況

千葉県の工業用水道事業は、その水源を利根川水系と県内河川によっていますが、渇水時には取水を制限しなければならない場合があります。直近では平成25年7月から9月にかけて10%の取水制限を実施しました。

平成25年夏渇水時における対応状況の推移

  • 平成25年9月18日 10%取水制限の全面解除
  • 平成25年9月6日   10%取水制限の一時緩和
  • 平成25年7月24日 10%取水制限の開始
  • 平成25年7月23日 企業庁節水対策本部の設置

平成24年9月渇水時における対応状況の推移

  • 平成24年10月3日 10%取水制限の全面解除
  • 平成24年9月24日 10%取水制限の一時的な緩和
  • 平成24年9月10日 10%取水制限の開始
  • 平成24年9月4日   企業庁節水対策本部の設置

渇水時の対応

ダムの貯水状況などから渇水が予測されると、千葉県渇水対策本部が設置され、これに伴い工業用水道事業においても対策本部を設置します。

対策本部では、河川流況、降雨状況、ダムの貯水状況及び国による取水制限に係る情報を収集し、他の利水者との調整に基づく取水計画の検討を行うとともに、影響が予想される受水企業に情報の提供を行います。

取水制限が実施された場合には、受水企業の皆様に節水の要請を行います。更に、取水制限が20%以上になった際には、同一地区内の企業間における水量の相互融通を図るため、特定給水制度の活用により、企業活動への影響を軽減出来るよう努めます。

渇水対応の手引き-平成26年7月版(PDF:2,459KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:水道局 工業用水部施設設備課施設班

電話番号:043-307-2407

ファックス番号:043-296-6484

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?