ここから本文です。

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年8月26日

総合評価方式を適用した工事における評価の誤りについて

発表日:平成29年8月25日
千葉県水道局水道部計画課
電話:043-211-8618

千葉県水道局では、予定価格が5千万円以上の工事を発注する際には、技術評価点及び入札価格により算定した評価値で落札者を決定する「総合評価方式による一般競争入札」を採用しています。

このたび、平成28年度及び平成29年度に同方式で発注した工事において、4件について技術評価点の決定に誤りがあり、そのうち、平成28年度に発注した1件の工事については、適正な評価をしていた場合、入札結果の順位に変動があったことが判明しました。

今回の評価誤りは、入札参加者の技術評価に当たり、「優良工事表彰」の配点について、本来0点とすべきところ2点を加点していたものであり、この影響により評価値の算出に誤りが生じてしまったものです。

今回の誤りに伴い、公共工事における入札・契約について、工事業者の皆様や県民の皆様の信頼を損なう結果となり、深くお詫び申し上げます。

今後、総合評価を適用する工事においては、適切な評価を行い、このようなことが二度と起きないように再発防止に努めてまいります。

1.評価に誤りがあった工事

工事

発注
年度

落札決定金額

(税込、千円)

評価誤りの

入札参加者

入札結果

変動の有無

現状

契約業者

本来

契約業者

発注機関

1

H29

79,164

A社

なし

A社

-

千葉水道

事務所

2

H29

460,728

B社・A社

JV(共同企業体※)

なし

C社・D社

JV(共同企業体※)

-

施設整備

センター

3

H28

177,974

E社

なし

E社

-

千葉水道

事務所

4

H28

95,040

E社

あり

E社

F社

千葉水道

事務所

※共同企業体とは、複数の建設企業が、一つの建設工事を受注、施工することを目的として形成する事業組織体のこと。

  • 工事1:千葉市花見川区犢橋町1554番地先配水管整備工事
    工期:平成29年7月21日~平成30年1月16日
  • 工事2:柏井浄水場旧西側排水処理施設撤去工事
    工期:平成29年7月29日~平成30年12月30日
  • 工事3:千葉西地区給・配水管緊急修繕工事
    工期:平成29年4月1日~平成30年3月31日
  • 工事4:千葉市花見川区幕張本郷6丁目19番地先配水管整備工事
    工期:平成28年11月25日~平成29年8月11日

2.誤りの原因

  • (1)平成28年度に改定された「千葉県総合評価方式ガイドライン」において、「優良工事表彰」に係る評価方法の解説文や図の解釈を誤り、加点して良いものと誤認していました。

    ※今回の評価に誤りがあった4件の工事に関係する15社のうち、A社・E社については、平成27年度に事故が発生していることから、改定前(平成27年度)のガイドラインの記述が適用され、加点されないにもかかわらず、全て加点可能と誤認して、文書注意を受けても優良工事表彰の加点ができると解釈していました。
    参考資料参照(PDF:487KB)

    ※同ガイドラインQ&A(一部抜粋)

    平成28年度より、優良工事表彰を受けたことと指名停止又は文書注意を受けたことを切り離し評価することとしています。ただし、指名停止又は文書注意が工事事故による場合は事故発生日が、その他による場合は指名停止日又は文書注意日が、それぞれ平成28年3月31日以前のものについては、平成27年度のとおり評価することとします。
  • (2)評価に当たり、総合評価の担当者だけでなく、担当課長を含めた複数の職員によるチェックを徹底していませんでした。

3.入札結果の変動があった工事

(1)工事の概要

  • (ア)工事名:千葉市花見川区幕張本郷6丁目19番地先配水管整備工事
  • (イ)発注機関:千葉水道事務所
  • (ウ)予定価格:98,128,800円(税込)
  • (エ)開札日:平成28年11月18日
  • (オ)工期:平成28年11月25日~平成29年8月11日

(2)入札結果

適正な評価をすると、E社の技術評価点及び評価値が変更となることから、F社の評価値が一位となり、本来であれば同社を落札者とすべきでした。

入札結果一覧

入札

参加者

入札書

記載金額

(税抜、千円)

(誤)

技術

評価点

(誤)

評価値

(正)

技術

評価点

(正)

評価値

備考

E社

88,000

117.647

(1位)

1.3368

115.294

(3位)

1.3101

落札者

(誤り)

F社

90,580

120.000

(2位)

1.3247

120.000

(1位)

1.3247

本来の

落札者

G社

90,700

120.000

(3位)

1.3230

120.000

(2位)

1.3230

 
  • (ア)技術評価点=標準点+加算点(標準点は100点であり、加算点については、評価項目配点の合計が最高の入札参加者に加算点の満点を与え、他の入札参加者は按分して加算点を与える)
  • (イ)評価値=技術評価点÷入札価格(入札書記載金額)
  • (ウ)評価値の最も高い者を落札者とする

4.対応状況

評価に誤りがあった工事の対応状況は以下のとおりです。

  • (1)入札結果に変動があった前記1の工事4については、8月11日に完成しておりますので、入札のやり直しはできません。また、前記1の工事1~3については、入札結果(落札額・相手方)に変動がなかったことから、落札者に変更はありませんので、現契約を継続することとします。
  • (2)本来落札者となっていたF社に対しては、8月21日に謝罪し、了承を頂きました。なお、4件の工事のすべての入札参加者に対して謝罪し、御理解を頂きました。
  • (3)「ちば電子調達システム」で公表されている入札結果及び評価調書の訂正については、会見後速やかに行うこととします。

5.再発防止策

今回の評価誤りを重く受け止め、8月22日、関係所属長宛てに再発防止に向けた文書を通知しました。
また、同日に関係所属長会議を開催し、このようなことが二度と起きないよう指導するとともに、以下の対策を講じるなど、再発防止の周知徹底を図りました。

  • (1)評価方法を正確に把握していない職員がいたことを重視し、再度総合評価方式の評価方法について全関係職員に対し、研修を行います。
  • (2)評価に当たっては、判断ミスによる間違いが生じないよう、所属長や担当課長を含めた複数の職員によるチェックを徹底します。
  • (3)評価調書を作成するに当たり、工事業者の文書注意措置状況等との照合を担当職員に周知徹底するとともに、加点対象となる業者リストを新たに配付しました。
  • (4)担当職員が記入する評価点チェック用紙に、指名停止又は文書注意を受けた日が平成28年3月31日の前後で評価方法が異なることを注記しました。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:水道局 水道部計画課技術指導室

電話番号:043-211-8637

ファックス番号:043-274-9804

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?