ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月29日

上下水道料金徴収一元化についてのQ&A

質問一覧

 1.徴収一元化の概要に関すること

 Q1-1:上下水道料金の徴収一元化とは何ですか?

A1-1:千葉県水道局の給水区域内では、水道事業を県が、下水道事業を市が、それぞれ行っています。このため県と市が別々に行っている料金等の徴収を、一括して行うことを上下水道料金の徴収一元化と呼んでいます。

平成26年3月に、給水区域内のうち4市との間で、市が決定した下水道使用料を千葉県水道局が水道料金と一括して請求することで合意しました。これに基づき、平成30年1月検針分から徴収一元化を実施します。

 Q1-2:上下水道料金の徴収一元化にはどのようなメリットがありますか?

A1-2:徴収一元化により、以下の点でお客様の利便性が向上します。

  1. 料金のお支払い、引っ越しなどに伴う使用開始及び中止、口座振替申込などの手続きが一度で済むようになります。
  2. 料金に関する各種問い合わせ窓口が一本化され、上水道と下水道それぞれに連絡をする手間が省けます。

また、上下水道が別々に行っていた事務処理を一つにまとめることで、電算処理費用、納付書等の印刷費・郵送料、収納手数料などの経費節減が見込まれ、より効率的な運営が行えるようになります。

 2.徴収一元化の対象に関すること

 Q2-1:今回の徴収一元化の対象は?

A2-1:千葉県水道局の給水区域内で、千葉市、成田市、市原市、鎌ケ谷市に下水道使用料をお支払いのお客様です。

上記区域内で千葉県水道局の水道を使用せず、井戸水のみを使用されている方にも、一元化後は千葉県水道局から請求書(金額は下水道使用料のみ)をお送りします。

 Q2-2:今回の徴収一元化の対象にならなかった市はどうなるのですか?

A2-2:千葉県水道局の給水区域内のうち、一元化対象外の7市(市川市、船橋市、松戸市、習志野市、浦安市、印西市、白井市)のお客様には、今までどおり、千葉県水道局が上水道料金を、各市が下水道使用料を、それぞれ請求します。

なお、平成30年1月から水道料金の請求時期を変更しますので、徴収一元化の有無にかかわらず、千葉県水道局をご利用のすべてのお客様について、口座振替の引き落とし日、請求書の発送日・納期限が変わります。

 Q2-3:徴収一元化の対象とならなかった市があるのはなぜですか?

A2-3:上記7市については、現時点で合意(覚書の締結)に至っていないためです。

 3.検針・請求時期に関すること

 Q3-1:上下水道料金の徴収一元化は、いつから始まりますか?

A3-1:平成30年1月検針分から実施します。

奇数月検針のお客様

  • 1月:「12・1月分」検針
  • 2月:「12・1月分」上下水道料金請求(2月16日期限・振替)

偶数月検針のお客様

  • 1月:「11・12月分」下水道使用料請求(2月13日期限・振替)
  • 2月:「1・2月分」検針
  • 3月:「1・2月分」上下水道料金請求(3月16日期限・振替)

 Q3-2:水道料金の請求時期は今までどおりですか?

A3-2:今まで、口座振替日は検針月の29日、納入通知書の納期限は検針翌月の5日でしたが、平成30年1月検針分から、どちらも「検針翌月の16日」に変わります。

 Q3-3:水道メーター検針の間隔や時期は今までどおりですか?

A3-3:今までどおり、2か月に一度、月の上旬に検針を行います。

なお、検針月は、地区により奇数月(1、3、5、7、9、11月)と偶数月(2、4、6、8、10、12月)の2通りの場合があります。

 Q3-4:徴収一元化後は毎月請求があるのですか?

A3-4:2か月に一度です。今まで2か月ごとにそれぞれ請求していた水道料金と下水道使用料を、一括して請求するようになります。

 4.問い合わせ・窓口に関すること

 Q4-1:徴収一元化後の問い合わせ窓口はどこですか?

A4-1:料金のお問い合わせ、使用開始・中止の手続等は、「県水お客様センター」にご連絡ください。なお、下水道特有のお手続き(例:下水道使用料の減免や排水設備の申請など)や技術的なお問い合わせの場合は、市役所の下水道担当課へお問い合わせいただくようお願いする場合があります。

 Q4-2:市役所にも上下水道の問い合わせ窓口ができますか?

A4-2:市役所では上水道に関するお問い合わせにお答えできませんので、県水お客様センターにご連絡ください。

 Q4-3:市役所でも上下水道料金が支払えるようになりますか?

A4-3:市役所やその委託会社では千葉県水道局の請求書を取り扱うことができません。今までどおり、千葉県水道局が指定する金融機関・郵便局・コンビニエンスストア、千葉県水道局の水道事務所・支所でお支払いください。

なお、徴収一元化前(平成29年12月まで)に各市で発行した納付書については、徴収一元化後も千葉県水道局では取り扱えないので、各市が指定する方法でお支払いをお願いします。

 5.請求書と請求内容に関すること

 Q5-1:徴収一元化後は、どこから請求が来るのですか?

A5-1:千葉県水道局から請求書をお送りします。

なお、偶数月検針地区で徴収一元化対象のお客様について、上下水道料金の一括請求は平成30年2月検針分(平成30年3月に請求)から開始しますが、平成29年12月検針分の下水道使用料についても、平成30年1月に、市からではなく千葉県水道局から請求書をお送りします。

 Q5-2:水道料金と下水道使用料の内訳は何を見ればわかりますか?

A5-2:千葉県水道局から郵送する請求書(納入通知書)や、検針の際にお届けする「使用水量のお知らせ」には、水道料金、下水道使用料それぞれの金額を記載しています。

  • 水排出量に「申告」による計算が含まれるお客様の下水道使用料は、納入通知書でお確かめください。

 Q5-3:水道に加えて井戸水も使っていますが、徴収一元化後はどのように請求されますか?

A5-3:水道料金は、水道の使用水量に応じて計算し、下水道使用料は、水道の使用水量に井戸水などの使用水量を加えた水量で計算します。それぞれ算定した料金を合算した金額を、上下水道料金として千葉県水道局から請求します。

水道料金、下水道使用料とも、徴収一元化に伴う料金単価や計算方法の変更はありません。

 Q5-4:水道を使用していますが、下水道ではなく浄化槽を利用しています。徴収一元化後はどのように請求されますか?

A5-4:下水道に接続していない場合、下水道使用料は生じませんので、今までどおり、千葉県水道局から水道料金のみを請求します。

 Q5-5:水道ではなく井戸のみを使用し、下水道に接続しています。徴収一元化後はどのように請求されますか?

A5-5:請求内容は下水道使用料のみで今までと変わりませんが、市ではなく千葉県水道局から請求するように変わります。

 Q5-6:井戸と浄化槽のみを使用しているので、水道料金も下水道使用料も支払っていません。徴収一元化後は何か請求されますか?

A5-6:水道料金、下水道使用料ともに生じませんので、千葉県水道局から料金を請求することはありません。

 Q5-7:集合住宅に住み、「水道料金」を管理会社に支払っています。徴収一元化後はどのように請求されますか?

A5-7:集合住宅等のうち、建物に設置している千葉県水道局のメーターが一つだけで、建物全体の水道料金や下水道使用料を管理会社等に請求している物件については、徴収一元化後も管理会社等に上下水道料金を請求します。お住まいの方に対しては、今までどおり管理会社等が「水道料金」を請求することになります。

 6.請求・支払方法に関すること

 Q6-1:水道料金と下水道使用料の支払方法が異なる場合、徴収一元化後の支払方法はどのようになりますか?

A6-1:水道料金の支払方法に統一されます。具体的には以下のとおりです。

  1. 水道料金が納付書払い、下水道使用料が口座振替の場合
    ⇒納付書払い
  2. 水道料金が口座振替、下水道使用料が納付書払いの場合
    ⇒水道料金の振替口座からの口座振替
  3. 水道料金と下水道使用料ともに口座振替だが、振替口座が異なる場合
    ⇒水道料金の振替口座からの口座振替

 Q6-2:水道を使用せず、下水道使用料のみを口座振替で支払っています。徴収一元化後の支払方法はどのようになりますか?

A6-2:徴収一元化後は千葉県水道局から納付書をお送りします。口座振替をご希望の場合は、平成30年1月以降に改めて千葉県水道局に対して口座振替の申込手続をされるようお願いします。

  • 戸のみを使用されているお客様については、平成29年12月までは千葉県水道局に料金徴収の権限がなく、お客様、金融機関、千葉県水道局との間で口座振替に関する契約を結ぶことができないため、市から徴収を受託する平成30年1月を待って手続を行う必要があります。今まで口座振替を利用されていたお客様にはご不便をおかけしますが、手続き完了まで納付書によるお支払いをお願いします。

 Q6-3:現在、水道料金と下水道使用料で支払方法が異なっています。今まで下水道使用料の振替に使用していた口座を引き続き上下水道料金の振替口座として使用したい場合は、どうすればよいですか?

A6-3:県水お客様センターにご連絡いただければ口座振替申込書を郵送しますので、ご希望の振替口座を記入してご提出ください。金融機関での事務処理が完了し次第、ご希望の口座からの振替を開始します。徴収一元化前(平成29年12月まで)であってもお手続は可能ですが、ご提出の時期によっては年内の請求分から切り替わることがあります。

なお、口座振替申込書はインターネットからもダウンロード可能です(郵便局を除く)。また、県水お客様センターへのお手続でなく、ご利用の金融機関に直接お申し込みいただくこともできます。

 Q6-4:現在、水道と下水道で使用者名義が異なっています。徴収一元化後、下水道使用料の請求で使用している名義に統一することはできますか?

A6-4:可能です。県水お客様センターにご連絡いただき、水道の使用者名義の変更をお手続きください。

  • 手続の時期と請求が変更になる時期については、県水お客様センターでお確かめください。

 Q6-5:徴収一元化後、請求金額が高額になるので、水道料金と下水道使用料を別々に支払うことはできますか?

A6-5:水道料金と下水道使用料を合計して請求しますので、別々にお支払いいただくことはできません。必要となる金額について、検針の際にお届けする「使用水量のお知らせ」であらかじめご確認いただき、ご準備をお願いします。

 Q6-6:徴収一元化後、水道と下水道の使用者名義を分けることはできますか?

A6-6:水道料金と下水道使用料を合計して請求しますので、名義を分けることはできません。

 Q6-7:徴収一元化後、クレジットカードで料金を支払うことはできますか?

A6-7:クレジットカードでのお支払いはできません。

クレジットカード払いの導入について、お客様からのご意見や、他の水道事業体における状況、費用対効果等について検討をおこなってきましたが、他の支払い方法と比べて収納手数料が高く、将来にわたって収納コストがかさみ、経営に与える影響が懸念されることから、当面、導入を見送ることとしています。

 Q6-8:徴収一元化後、支払いができるコンビニエンスストアに変更はありますか?

A6-8:現在、千葉県水道局の水道料金を取り扱っているコンビニエンスストアと同様です。

 Q6-9:徴収一元化後、支払いができる金融機関に変更はありますか?

A6-9:現在、千葉県水道局の水道料金を取り扱っている金融機関と同様です。なお、千葉市の下水道使用料を取り扱っていた「あおぞら銀行」、「商工組合中央金庫」及び成田市の下水道使用料を取り扱っていた「かとり農業協同組合」については、千葉県水道局へのお支払いにはご利用いただけません。ご了承ください。

 Q6-10:徴収一元化後、通帳にはどのように記帳されますか?

A6-10:金融機関によって異なり、「千葉県水道局」、「チバケンスイドウキヨク」、「ケンスイドウキヨク」のいずれかの名称が記帳されます。詳しくは「千葉県水道局の水道料金等口座振替の際に記帳される内容」をご覧ください。

なお、記帳される金額は上下水道料金の合計金額です。水道料金、下水道使用料の内訳については、納入通知書でお確かめください。

 7.口座振替・納期限に関すること

 Q7-1:徴収一元化後、口座振替日はどうなりますか?

A7-1:今までは検針があった月の29日が振替日でしたが、徴収一元化後は検針翌月の16日に変わります。16日が金融機関休業日に当たる場合は次の営業日に振り替えます。

 Q7-2:口座残高が不足していた場合はどうなりますか?

A7-2:残高不足等で口座振替ができなかった場合は、督促状を郵送します。お早めに、金融機関、郵便局、コンビニエンスストア等でお支払いください。口座残高不足の際の再振替は、徴収一元化後は行いません。

残高不足とならないよう、毎回の検針の際にお届けする「使用水量のお知らせ」※や、下水道使用料のお支払いがある方に郵送する「納入通知書」に記載されている金額をご確認いただき、口座に入金する際は振替日前日までにお願いします。

  • 水排出量に「申告」による計算が含まれるお客様の下水道使用料は、納入通知書でお確かめください。

 Q7-3:徴収一元化後、請求書(納入通知書)の納期限はどうなりますか?

A7-3:今までは検針翌月の5日が納期限でしたが、徴収一元化後は検針翌月の16日に変わります。

 8.福祉減免に関すること

 Q8-1:水道料金の減免を受けていますが、徴収一元化後に何か手続きは必要ですか?

A8-1:徴収一元化に伴いお手続きいただく必要はありません。

 Q8-2:新たに水道料金の減免を申請すれば、徴収一元化後は下水道使用料も減免されますか?

A8-2:下水道使用料の減免については水道料金減免とは別の制度ですので、市への申請が別途必要です。詳しくはお住まいの市の下水道担当課にお問い合わせください。

 9.その他

 Q9-1:水道「料金」、下水道「使用料」と呼び名が異なるのはなぜですか?

A9-1:水道「料金」は「水道法」に、下水道「使用料」は「下水道法」に、それぞれ規定があるためです。なお、両方を一体で指し示す場合には、便宜上「上下水道料金」と表現しています。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:水道局 管理部県水お客様センタ-受付サービス課

電話番号:0570-00-1245

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?