サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年11月21日

浜の情報とびうお通信(第147号)

今年もヒラメ稚魚の放流が始まりました

平成29年6月7日、南房総市富浦及び岩井、鋸南町勝山の各地先でヒラメ稚魚の放流が行われました。これから8月まで県内各地で放流が行われます。
今回放流したヒラメは、富津市にある千葉県水産総合研究センター種苗生産研究所富津生産開発室で3月17~18日に親ヒラメから卵をとり、ふ化後3cmになるまで育てられたのち、5月の連休明けに千葉県水産振興公社富津、勝浦、白浜の各事業所でさらに8cmまで中間育成された種苗です。
ヒラメは放流後、沿岸や漁港内の藻場や砂地で小さなエビや魚を食べながら、1年で全長30cm以上に育ち、漁獲されるようになります。
夏場、釣りや海水浴で小さなヒラメを見かけることがあると思いますが、大きく育つよう見守ってあげてください。
ヒラメの稚魚
ヒラメの稚魚
放流の様子
放流の様子

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部館山水産事務所改良普及課

電話番号:0470-22-5761

ファックス番号:0470-23-6641

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?