サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 水産関係出先機関 > 勝浦水産事務所 > 浜からのたより > マダコ、サワラが大原・太東漁港に水揚げされています。

更新日:平成31(2019)年1月11日

マダコ、サワラが大原・太東漁港に水揚げされています。

いすみ市大原・太東漁港では、12月になってマダコ、サワラの水揚げ始まり、年明けから本格化しています。

大原・太東漁港は、マダコ、サワラの県内有数の産地で、ともに冬が漁期で、マダコはたこつぼ、サワラは主にひき縄で漁獲されます。

1月8日、夷隅東部漁協の夷隅東部ひき縄研究会が、昨年に引き続き、株式会社ウエカツ水産の上田勝彦氏を講師に迎えて、「サワラの活けじめ研修会」を開催しました。

現在、研究会ではサワラなどの鮮度を保つため、活けじめで出荷していますが、さらなる鮮度向上のため神経締めにも取り組む予定です。

たこつぼ

たこつぼ

マダコ

水揚げされたマダコ

神経締め研修

サワラを用いた神経締めの説明

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部勝浦水産事務所改良普及課

電話番号:0470-73-0108

ファックス番号:0470-73-4644

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?