サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年8月2日

イセエビ漁が解禁されました。

イセエビの水揚げ初日となった8月2日朝、管内の各漁港はいつにも増して活気にあふれています。

勝浦港では、昨夕仕掛けられた刺し網を早朝から引き揚げ、たくさんのイセエビが水揚げされていました。

千葉県は全国有数のイセエビの産地であり、アワビと並ぶ磯根漁業における重要な魚介類です。なかでも勝浦水産事務所管内は主要な水揚げ地となっており、昨年は全県の180トンの半分以上を占める95トンの水揚げがありました。

県水産総合研究センターの予測によると、今漁期の漁獲量は前年を上回ると予測されており、豊漁が期待されます。7月20日発行「漁海況旬報ちば(PDF:437KB)

県の規則で6,7月を禁漁期間とすることや全長13cm以下は獲ってはいけないことが決められているほか、漁業者は漁具の制限や休漁日を定めるなど資源管理に努めています。水揚げ

船からの水揚げ

イセエビ

水揚げされたイセエビ

選別

選別

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部勝浦水産事務所改良普及課

電話番号:0470-73-0108

ファックス番号:0470-73-4644

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?