サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年8月18日

マダイの放流が行われました。

  • 8月4日にいすみ市大原漁港沖、10日に勝浦市興津漁港沖でマダイ稚魚計17万尾の放流が行われました。
  • 今回のマダイは、漁業者の管理のもと30日間中間育成し、全長8cmまで育てられました。
  • 今年度のマダイ中間育成は台風の影響を受けることなく順調に成長し、放流直後に元気に泳いでいきました。
  • 県では1980年から種苗放流を行っています。また漁業者は小型魚の再放流など資源管理に取り組んでいます。
  • その甲斐もあって、漁獲量、資源量とも増加傾向にあります。平成28年資源評価表マダイ
  • マダイは放流してから2年ぐらいで漁獲サイズになります。遊漁者の皆さんも資源保護のため小さなマダイは海に帰すようご協力をお願いします。

イケスからの取上

イケスからの取上

船倉への収容

船倉への収容

船上からの放流

船上からの放流

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部勝浦水産事務所改良普及課

電話番号:0470-73-0108

ファックス番号:0470-73-4644

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?