サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 福祉・子育て > 障害者(児) > 障害のある人のための助成・支援・医療等 > 熊本地震における災害派遣精神医療チーム(DPAT)の派遣について

報道発表案件

更新日:平成29(2017)年2月22日

熊本地震における災害派遣精神医療チーム(DPAT)の派遣について

平成28年4月18日

千葉県健康福祉部障害福祉課

電話:043-223-2352

平成28年熊本県地震の被災地支援として、すでに災害派遣精神医療チーム(DPAT)を派遣しているところです。この度、災害派遣精神医療チーム事務局から引き続き支援が必要であるとの要請を受け、今後もDPATを派遣することを決定しました。

1、後続隊派遣内容

<日時>平成28年4月20日(水曜日)から24日(日曜日)まで

<派遣場所>熊本県

<体制>精神科医師1名、看護師1名、事務1名

<派遣要請元>災害派遣精神医療チーム事務局(DPAT事務局:厚生労働省)

※今後の派遣:1チーム3~5人、派遣期間3日から5日程度

2、これまでの本県の対応

DPAT先遣隊の派遣(4月16日(土曜日)~19日(火曜日))

4月16日にDPAT事務局(厚生労働省)からDPAT先遣隊の派遣要請を受け、千葉県精神科医療センター3名(精神科医師1名、看護師2名)を熊本県(熊本赤十字病院:活動拠点病院)に派遣している。

3、活動内容

倒壊の危険のある精神科病院の入院患者を、他の病院へ転院させる支援を行っている。今後は、避難所等にいる被災者の心のケアなどを行うこととなる。

 

※災害派遣精神医療チーム(DisasterPsychiatricAssistanceTeam:DPAT)

自然災害や航空機、列車事故、犯罪事件などの大規模災害等の後、被災地域に入り、精神科医療及び精神保健活動の支援を行う専門的なチーム

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部障害者福祉推進課共生社会推進室

電話番号:043-223-2338

ファックス番号:043-221-3977

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?