サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(くらし・福祉・健康) > QA(福祉・子育て) > 「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」では、差別をした場合、罰則や罰金があるのですか?

更新日:平成29(2017)年8月27日

「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」では、差別をした場合、罰則や罰金があるのですか?

質問

「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」では、差別をした場合、罰則や罰金があるのですか?

回答

いいえ、ありません。
障害のある人に対する差別をなくしていくためには、障害のある人の日常生活の暮らしにくさを、大勢の人が理解することが大切です。また、差別の中には、時間や費用をかけて解消していかなければならないものもあります。
そのため、この条例では、違反行為に対する罰則を設けていません。
なくすべき差別を、県民共通の目標として掲げたうえで、第三者を交えた話し合いを通じて、互いに理解し協力し合い、すべての人が暮らしやすい社会をつくるという視点から、できることから一歩ずつ、問題の解決を図っていくこととしています。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部障害者福祉推進課共生社会推進室

電話番号:043-223-2338

ファックス番号:043-221-3977

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?