サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(くらし・福祉・健康) > QA(福祉・子育て) > 「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」では、障害があることを理由に、不利益な取扱をしたり、合理的な配慮に基づく措置をしなかったりすると、どんな場合でも差別となるのですか?

更新日:平成29(2017)年8月27日

「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」では、障害があることを理由に、不利益な取扱をしたり、合理的な配慮に基づく措置をしなかったりすると、どんな場合でも差別となるのですか?

質問

「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」では、障害があることを理由に、不利益な取扱をしたり、合理的な配慮に基づく措置をしなかったりすると、どんな場合でも差別となるのですか?

回答

いいえ、条例が適用されない場合があります。
障害のある人のニーズは多種多様であり、必要とされる支援も一人ひとり異なります。一方で、事業規模や経済状況など、相手方の事情もまた多様です。
そのため、該当する行為をすべて形式的に差別と位置づけるのではなく、不利益な取扱を行わないことや、合理的な配慮に基づく措置を行うことが、社会通念に照らして過重な負担になる場合は、適用しないこととしています。
なお、どの程度が過重なのかは、個別のケースに応じて話し合いのなかで判断されることとなります。
(条例第8条)

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部障害者福祉推進課共生社会推進室

電話番号:043-223-2338

ファックス番号:043-221-3977

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?