ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年2月6日

千葉県小児等在宅医療連携拠点事業について

千葉県ではNICUで長期の療養を要した児を始めとする在宅医療を必要とする小児等が、在宅において必要な医療・福祉サービス等が提供され、地域で安心して療養できるよう、福祉や教育などとも連携し、在宅療養を支える体制を構築する事業を実施します。

1.事業の趣旨・目的

小児等在宅医療連携拠点事業の目的は、在宅医療を必要とする小児等に対し、在宅で必要な医療・福祉サービス等が提供され、地域で安心して療養できるよう、福祉や教育などとも連携し、在宅療養を支える体制を構築するというものです。

厚生労働省が、平成26年度に全国9ヶ所の都道府県で本事業をモデル的に実施することとし、その内の1ヶ所として千葉県が選ばれました。

モデル事業の概要は以下のとおりです。

  1. 小児等の在宅医療における連携上の課題の抽出と対応方針の策定
  2. 地域の医療・福祉資源の把握と活用
  3. 地域の小児等への在宅医療資源の拡充と専門機関との連携
  4. 地域の福祉・行政関係者との連携促進
  5. 患者・家族の個別支援
  6. 患者・家族や学校関係者等への理解促進・負担軽減

事業実施に当たっては、県において1を検討するに当たり、2~6を医療法人社団麒麟会に委託し、適宜、千葉県総合支援協議会療育支援専門部会等や県医師会、県看護協会等の助言・協力を得ながら進めていきます。

2.千葉県のこれまでの取り組みと小児等在宅医療連携拠点事業の実施経緯

(1)障害児等支援訪問看護センター事業の実施

千葉県では、障害者基本法第9条に基づく「第四次千葉県障害者計画」(平成21年1月)の策定にあたり、障害児の関係者から成る「障害児療育・支援体制のための研究会」を設置し、障害児支援施策について意見交換や課題提起を行いました。

その後、平成21年4月に、研究会を障害者自立支援法に基づく「千葉県自立支援協議会療育支援専門部会」(平成25年4月から「千葉県総合支援協議会療育支援専門部会」に名称変更)に改組し、現在まで、障害児やその保護者に対する重層的な支援体制や各種の支援策についての検討を行っています。

育支援専門部会での検討をもとに、特に医療依療育支援専門部会での検討をもとに、特に医療依存度の高い障害児の在宅生活を支援するために、県単独の「障害児等支援訪問看護センター事業」を平成23年度から医療法人財団千葉健愛会(現在は医療法人財団はるたか会)、平成24年9月から医療法人社団麒麟会に委託して実施し、家族等からの相談に対する助言や訪問看護ステーション職員への技術的支援を行ってきました。

なお、障害児等支援訪問看護センター事業で実施していた研修会については、以下のとおりです。

(2)小児等在宅医療連携拠点事業の移行

障害児等支援訪問看護センター事業を実施する中で、県内各地域には、その地域特有の課題と県内で共通している課題があることがわかりました。そこで、県内各地域のニーズを鑑み、「千葉県内のどこに住んでいても安心して暮らせる地域づくり」を目標に小児等在宅医療連携拠点事業計画を立案し、今年5月に厚生労働省の公募に提案した結果、6月に千葉県の事業計画が厚生労働省によって採択されました。

なお、千葉県が本事業を実施するに当たり、各事業を小児等の訪問看護ステーションの拡大やNICUからの退院促進に向けた関係者調整等の全県展開に取り組んでいる医療法人社団麒麟会に委託して実施することとなりました。

3.千葉県の事業の概要とおおよその日程

1.小児等の在宅医療における連携上の課題の抽出と対応方針の策定

県の「障害児等支援在宅医療・訪問看護研究会」や「千葉県総合支援協議会療育支援専門部会」を通じて検討

2.地域の医療・福祉資源の把握と活用

重症心身障害児を受け入れが可能な短期入所事業所
事業所名 所在地 電話番号 空床情報へ
聖母療育園 旭市野中3831

0479-60-0602

聖母療育園のページへ外部サイトへのリンク
下志津病院 四街道市鹿渡934-5

043-422-2511

(空床利用型のため
掲載なし)
千葉市桜木園 千葉市若葉区桜木8-31-15

043-231-5865

千葉市桜木園|短期入所空き状況外部サイトへのリンク
千葉東病院 千葉市中央区仁戸名町673

043-264-3662
(直通)

(空床利用型のため
掲載なし)
千葉リハビリテーションセンター愛育園 千葉市緑区誉田町1-45-2

043-291-1831
(代表)

(空床利用型のため
掲載なし)
東葛医療福祉センター光陽園 柏市酒井根24 04-7176-7710

(空床利用型のため
掲載なし)

我孫子ロイヤルケアセンター 我孫子市中峠2614 04-7181-5611 我孫子ロイヤルケアセンターのページ外部サイトへのリンク
花の谷クリニック短期入所事業所 南房総市千倉町白子2446 0470-44-5363 花の谷クリニックのページ外部サイトへのリンク

3.地域の小児等への在宅医療資源の拡充と専門機関との連携

ア)小児等在宅医療の従事者の拡大とネットワークづくり

  • 八千代医療センターケースカンファレンス(平成26年8月21日(木曜日)、11月13日(木曜日)、2月12日(木曜日)、八千代市医療センターにて開催予定)
  • 訪問心療医と医療機関の医師とのネットワークづくり(平成26年8月28日(木曜日)、11月20日(木曜日)、2月19日(木曜日)千葉県こども病院にて開催予定)

イ)小児等在宅医療の受入れが可能な訪問看護事業所の拡大(随時実施)

  • 新規に小児等訪問看護を行う訪問看護ステーションへの研修、支援
  • 経験のある訪問看護ステーションへのコンサルテーション

ウ)NICUからの退院促進のための専門医療機関との連携と社会資源の創出

  • NICUを有する医療機関からの求めによる退院後の支援に向けた調整
  • 東京ベイ浦安市川医療センター(小児科)における重症心身障害児への支援開始

4.地域の福祉・行政関係者との連携促進

ア)相談支援専門員・行政職員・保健師・訪問看護師等による協働支援のあり方の検討

  • 保健師研修(平成26年11月6日、千葉県教育会館203号室にて開催予定)
  • 多職種による事例検討会(平成26年8月~平成27年1月、県内7か所にて開催予定)

イ)医療と福祉の連携促進の観点からの相談支援専門員の育成支援

ウ)医療的ケアのある子どもに対する相談支援手引書について

エ)相談支援専門員と医療機関のソーシャルワーカーとのネットワーク構築

  • つながろう会(平成26年10月31日(金曜日)、千葉県教育会館501号室にて開催予定)

オ)地域の障害福祉行政に携わる職員等への啓発

  • 連携会議(平成26年8月1日(金曜日)、11月27日(木曜日)、平成27年2月5日(木曜日)、千葉県教育会館203号室にて開催予定)

課)小規模な児童デイサービスや福祉施設で、より安全な看護を提供するための支援

5.患者・家族の個別支援(随時実施)

ア)電話相談や訪問支援等による個別支援や定期的なフォローアップ

イ)多職種協働ケア担当者会議開催の働きかけ

6.患者・家族や学校関係者等への理解促進・負担軽減

ア)医療依存度の高い子どもや家族が社会資源を活用し、在宅生活を営めるよう支援するためのサービス活用パンフレットの作成、配付

イ)医療依存度の高い子どもを支えるための特別支援学校との連携

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部障害福祉事業課療育支援班

電話番号:043-223-2336

ファックス番号:043-222-4133

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?