サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > 自然・生物保護 > 自然公園・国定公園 > 千葉県自然公園施設等の指定管理について > 「千葉県いすみ環境と文化のさとセンター」指定管理者(候補者)の選定結果について

更新日:平成27(2015)年2月16日

「千葉県いすみ環境と文化のさとセンター」指定管理者(候補者)の選定結果について

1 申請者

団体名 所在地
(財)千葉県環境財団 千葉市
特定非営利活動法人沿岸環境創造機構・千葉 いすみ市
(社)日本ネイチャーゲーム協会千葉県支部 茂原市
いすみ市 いすみ市
いすみ環境と文化のさとパートナーズ 富津市
(株)塚原緑地研究所 千葉市

以上6団体

 

2 選定結果

指定管理者

候補者

千葉県千葉市中央区中央港1-11-1
(財)千葉県環境財団

予定指定期間 平成21年4月1日~平成24年3月31日(3年間)
提案の概要

  環境学習に関する情報(指導者、プログラム、教材、場、活動団体、助成金等)が入手できる拠点として充実させていくとともに、以下ののとおり「遊び、体験・体感」に主眼をおいて取組み、豊かな周辺の自然との触れ合いを通じた環境学習を推進する。
(1)ミヤコタナゴを通じた生物多様性の保全・再生と環境問題の理解の促進
(2)農作業を通じた循環型社会と生物多様性の保全・再生の理解の促進
(3)センター地区やスポット地区を中心とする自然観察会を通じた生物多様性の理解の促進
(4)工芸教室等を通じた循環型社会、文化と自然とのかかわりの理解促進

選定理由 当該財団は、千葉県環境生活部指定管理者選定委員会自然公園施設等審査会において最高点となり、計画内容から(1)県民の平等な利用の確保、(2)施設の効用の最大限な効果的・効率的な発揮などが期待できるため

評価点数

選定基準 審査項目 審査内容 配点

(財)千葉県環境財団
【選定】

特定非営利活動法人沿岸環境創造機構・千葉 (社)日本ネイチャーゲーム協会千葉県支部 いすみ市 いすみ環境と文化のさとパートナーズ (株)塚原緑地研究所
事業計画書の内容が県民の平等な利用を確保することができるものであるか
(指定手続条例第3条第1号)
施設の設置目的及び県が示した管理の方針 施設の役割を理解しているか

 30

 22

13

14

18

13

19

県が示した業務範囲・基準と、事業者が提案した運営方針等が合致するか
運営理念は適切か
平等な利用を図るための具体的な手法及び期待される効果 事業内容等が一部の県民、団体に対して不当に利用を制限又は優遇するものではないか
生活弱者等へ配慮されているか
事業計画書の内容が、当該公の施設の効用を最大限に効果的に効率的に発揮させるものであるか。
(指定手続条例第3条第2号)
利用者の増加を図るための具体的手法及び期待される効果 年間の広報計画の内容は適切か

 90

62

44

53

52

51

60

利用拡大のための取組内容は適切か
地域、関係機関、ボランティア等との連携が図れているか
サービスの向上を図るための具体的手法及び期待される効果 サービス向上のための取組内容は適切か
募集要項に示した業務内容への提案は適切か
自主事業の提案は県が意図した企画となっているか
全体的に施設の機能を活用した内容となっているか
施設の維持管理の内容、適格性及び実現の可能性 求めている内容が事業計画書で提案されているか
施設管理、安全管理は適切か
維持管理は効率的に計画されているか
管理に係る経費の縮減効果 各申請者の経費の見積額は経済的か

 20

 0

0

0

0

12

4

事業計画書に沿った管理を安定して行うために必要な能力(人員、財政的基盤等)を有しているか。
(指定手続条例第3条第3号)
収支計画の内容、適格性及び実現の可能性 収入、支出の積算と事業計画の整合性が図れているか

 50

29

21

21

32

26

30

収支計画の実現の可能性はあるか
安定的な運営が可能となる人的能力 職員体制は十分か
職員採用、確保の方策は適切か
職員の指導育成、研修体制は十分か
安定的な運営が可能となる財政的基盤 団体の財務状況は健全か
金融機関、出資者等の支援体制は十分か
類似施設の運営実績 実績からして、本件施設を良好に管理運営できる可能性はどうか
その他 個人情報保護 個人情報保護のための適切な処置がとられているか

 10

8

6

6

7

7

6

 合計

 200

121

84

94

109

109

119

(注)

  1. 審査内容ごとの点数は、審査会委員の平均点を四捨五入し掲載しています。
  2. 合計点数は審査内容ごとの点数を合計したものです。
  3. 合計点が80点に満たない者は不適格とします。

3 選定委員

環境生活部指定管理者選定委員会委員

委員長 市原久夫 千葉県環境生活部長
委員(委員長職務代理) 安田茂顯 千葉県環境生活部次長
委員 井原岩夫 千葉県環境生活部次長
委員 伊藤芳樹 千葉県環境生活部環境対策監
委員 赤塚稔 千葉県環境生活部参事
委員 庄司英実 千葉県環境生活部環境政策課長
委員 千代慎一 千葉県環境生活部大気保全課長
委員 和田紀夫 千葉県環境生活部水質保全課長
委員 渡邉吉郎 千葉県環境生活部自然保護課長
委員 田谷徹郎 千葉県環境生活部資源循環推進課長
委員 志村勇亮 千葉県環境生活部廃棄物指導課長
委員 櫛引宣子 千葉県環境生活部県民生活課長
委員 神子和夫 千葉県環境生活部NPO活動推進課長
委員 市原健治 千葉県環境生活部文化振興課長
委員 山崎経貴 千葉県環境生活部生活・交通安全課長

環境生活部指定管理者選定委員会自然公園施設等審査会委員

会長 油井正昭 (財)国立公園協会常務理事
委員 中後 薫 (社)千葉県観光協会専務理事
委員 赤木光明 千葉県自然観察指導員協議会事務局次長
委員 坂本信行 坂本&パートナーズ会計事務所(株)代表取締役
委員 川嶋博之 千葉県環境生活部自然保護課副課長
委員 吉原盛文 千葉県環境生活部自然保護課自然公園室長

 環境生活部指定管理者選定委員会及び自然公園施設等審査会

  • 環境生活部指定管理者選定委員会:環境生活部長、次長、環境対策監、参事及び部内各課長の職にある者をもって構成し、指定管理者を選定する。 なお、委員長である市原県環境生活部長は、応募者である財団法人千葉県環境財団の理事であることから、審査のための議事に参与することができないため、委員長はあらかじめ安田委員を委員長職務代理として指名した。
  • 自然公園施設等審査会:選定委員会において選任された6名をもって構成し、申請内容を審査する。なお、公募委員は、募集したが応募者がいなかった。

4 審査基準

 千葉県いすみ環境と文化のさとセンター 指定管理者審査基準(PDF:12KB)

5 問い合わせ先

〒260-8667千葉市中央区市場町1番1号
環境生活部自然保護課自然環境企画室
電話043-223-2059
FAX043-225-1630     

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部自然保護課自然環境企画班

電話番号:043-223-2059

ファックス番号:043-225-1630

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?