ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > 自然・生物保護 > 鳥獣対策 > 平成28年度のニホンジカの狩猟について

更新日:平成28(2016)年9月9日

平成28年度のニホンジカの狩猟について

千葉県では、平成28年度のニホンジカ猟を下記のとおりとします。

1.ニホンジカ猟(銃猟)

(1)実施内容について

  • a)ニホンジカの銃猟は、別記期間内に千葉県知事に申請し、その承認を受けなければ行うことはできません。
  • b)承認内容は以下のとおりです。

区域

市原市・勝浦市・大多喜町・御宿町・鴨川市・鋸南町・君津市・富津市・南房総市の全部の区域(1チーム2市町まで承認可とする。)

承認者数

市町村名

承認限度チーム数
(1チームの人数は、8名以上20名以下とする。)

市原市

2チーム

勝浦市

3チーム

大多喜町

5チーム

御宿町

1チーム

鴨川市

5チーム

鋸南町

2チーム

君津市

7チーム

富津市

5チーム

南房総市

1チーム

合計

31チーム

承認期間

11月15日~2月15日

捕獲数制限

1人狩猟期間中20頭まで

※承認を受けた者は、承認された区域以外でシカの銃猟を行うことはできません。

  • c)承認候補チームの選定会において、承認候補チームを選定します。
    ※候補選定であり、承認決定ではありません。
  • d)承認候補チームの申請者は講習会を受講しなければなりません。
    ※受講は1人1回に限ります。
  • e)講習受講者が8名を超えた承認候補チームの講習受講者を承認します。
    ※講習受講者が8名を超えた承認候補チームの講習未受講者は不承認とします。
    ※講習受講者が8名に満たない承認候補チームは失格とします。(講習受講者を含め全員不承認)。

(2)申請について

a)資格

平成28年度に千葉県の銃猟狩猟者登録を行うこと。

b)申請方法

グループの代表者が他の者を代表し、一括して受付機関に申請してください。

c)提出書類

  • (県外居住者のみ)銃猟狩猟者免許の写し

d)受付期間

平成28年9月12日(月曜日)から平成28年9月27日(火曜日)まで

e)受付時間

土日祝日を除く平日の9時~17時(正午から13時を除く)
※担当者不在の場合もありますので、御来庁の際はあらかじめ御連絡ください。

f)申請先

県関係機関
(申請先)

管轄区域

(代表者の住所地を
管轄する機関に

申請してください)

所在地 電話
環境生活部自然保護課 千葉市・市原市・県外 千葉市中央区市場町1-1 043-223-2058
葛南地域振興事務所 市川市・船橋市・習志野市
八千代市・浦安市
船橋市本町1-3-1
フェイス7階
047-424-8092
東葛飾地域振興事務所 松戸市・野田市・柏市・流山市
我孫子市・鎌ケ谷市
松戸市小根本7 047-361-4048
印旛地域振興事務所 成田市・佐倉市・四街道市・八街市
印西市・白井市・富里市・印旛郡
佐倉市鏑木仲田町8-1 043-483-1447
香取地域振興事務所 香取市・香取郡 香取市北3-1-3 0478-54-1311
海匝地域振興事務所 銚子市・旭市・匝瑳市 旭市ニ1997-1 0479-64-2825
山武地域振興事務所 東金市・山武市・大網白里市・山武郡 東金市東新宿1-1-11 0475-55-3862
長生地域振興事務所 茂原市・長生郡 茂原市茂原1102-1 0475-26-6731
夷隅地域振興事務所 勝浦市・いすみ市・夷隅郡 夷隅郡大多喜町猿稲14 0470-82-2451
安房地域振興事務所 館山市・鴨川市・南房総市・安房郡 館山市北条402-1 0470-22-7111
君津地域振興事務所 木更津市・君津市・富津市・袖ケ浦市 木更津市貝渕3-13-34 0438-23-2285

g)申請上の注意点

  • 申請は8名~20名のチーム申請のみ認めます。7名以下又は21名以上の申請は認められません。
  • 申請にあたってはチームの代表者を1名決定してください。申請はこの代表者が一括して行うことになります。
  • 同一の人が複数のチームに所属することは認められません。
  • 第2、3希望区域がある場合は、平成28年度ニホンジカ狩猟(銃猟)承認申請者名簿の当該欄の「有」に○を付け、その区域の名称を記入してください。
  • 承認区域数について、「1区域」又は「2区域」のいずれかを選択(○)し、申請してください。なお、2区域を希望しても、必ず2区域承認されるわけではありません。
  • 「第1回講習会希望」又は「第2回講習会希望」のいずれかを選択(○)し、申請してください。なお、記入のない当該者の申請は認められません。
  • 狩猟者登録ができなかった場合や、その他申請内容に不備があった場合は、承認の対象となりません。

(3)承認候補チーム選定会の開催について

承認限度数を超えた場合は抽選を行います。また、承認・不承認の決定は自然保護課から通知いたします。

承認候補チームの選定会場

千葉県庁内会議室
〒260-8667千葉市中央区市場町1-1

承認候補チームの選定日時

平成28年10月5日(水曜日)
受付:午前11時から午前11時10分

受付場所:自然保護課

抽選会開始:午前11時15分から

承認候補チームの選定は原則公開で実施します。

見学を希望する場合は、平成28年10月4日(火曜日)17時までに、自然保護課に電話で申し込んでください。
〔申込先〕
自然保護課鳥獣対策班
電話:043-223-2058

選定手順は次のとおりとします。

  • a)第1希望とするチームが当該市町の限度数と同数または限度数未満の場合、当該チームを承認候補チームとします。
  • b)第1希望とするチームが当該市町の限度数を超えた場合、抽選を行い、当選した当該チームを承認候補チームとします。
  • c)上記b)で落選したチームで、第2希望があり、当該市町の承認候補チーム数が限度に達しておらず、第2希望チーム数を加算しても、限度数と同数または限度数未満の場合、当該チームを承認候補チームとします。
  • d)上記b)で落選したチームで、第2希望があり、当該市町の承認候補チーム数が限度数に達していないが、第2希望チーム数を加算すると、限度数を超える場合、抽選を行い、当選したチームを承認候補チームとします。
  • e)上記d)で落選したチームで、第3希望がある場合は、上記c)及びd)の手順を繰り返すこととします。
  • f)上記e)まで終了した段階で、承認候補チーム数が限度数に達していない市町があり、かつ、承認区域数の希望が2区域であり、当該市町を第2希望で希望しているチームがある場合に、第2希望チーム数を加算しても、限度数と同数または限度数未満の場合、当該チームを承認候補チームとします。
  • g)上記f)まで終了した段階で、承認候補チーム数が限度数に達していない市町があり、かつ、承認区域数の希望が2区域であり、当該市町を第2希望で希望しているチームがある場合に、第2希望チーム数を加算すると、限度数を超える場合、抽選を行い、当選した当該チームを承認候補チームとします。
  • h)上記g)まで終了した段階で、承認候補チーム数が限度数に達していない市町があり、かつ、承認区域数の希望が2区域であり、当該市町を第3希望で希望しているチームがある場合は、上記f)及びg)の手順を繰り返すこととします。

(4)講習会の開催

講習会の開催日時は次のとおりとします。

なお、第1回講習会の午前、午後の受講対象者の割り振りは、下表のとおり、第1希望の捕獲区域により行うものとします。また、各講習会の受講希望者を集計した結果、収容人員を超えた場合、講習会の振り替え等を指定する場合があります。

第1回講習会

会場

千葉県射撃場
千葉県市原市古敷谷2620

収容人員:各回約150名

日時

平成28年10月16日(日曜日)

【午前の部】

対象:捕獲区域の第1希望が、市原市、勝浦市、大多喜町、御宿町、鴨川市のチーム員

受付:午前10時から

講習会開始:午前10時30分から

 

【午後の部】

対象:捕獲区域の第1希望が、鋸南町、南房総市、君津市、富津市のチーム員

受付:午後1時から

講習会開始:午後1時30分から

第2回講習会

会場

千葉県射撃場
千葉県市原市古敷谷2620

収容人員:約150名

日時

平成28年10月31日(月曜日)
受付:午後1時30分から

講習会開始:午後2時から

(5)承認の決定と承認証の交付について

a)承認の決定

第1回講習会受講者と第2回講習会受講者の合計が8名を超えた承認候補チームの、講習受講者を承認し承認証を交付します。

なお、当該チームの講習未受講者は不承認とします。

第1回講習会受講者と第2回講習会受講者の合計が8名に満たなかった承認候補チームは失格とし、講習受講者を含め全員を不承認とします。

b)承認証の交付

1.第1回講習会終了後会場において交付する場合
  • 第1回講習会受講者が8名を超えた承認候補チームの講習受講者に承認証を交付します。
  • なお、第1回講習会受講者が8名未満であった承認候補チームの講習会受講者は承認候補のままとします。(※第1回講習会終了後において承認証の交付は行いません。)
2.第2回講習会終了後会場において交付する場合
  • 第1回講習会受講者が8名を超えた承認候補チームの第2回講習会受講者に承認証を交付します。
  • 第1回講習会受講者(8名未満)と第2回講習会受講者の合計で8名を超えた承認候補チームの第2回講習会受講者に承認証を交付します。
3.第2回講習会終了後に郵送等により交付する場合
  • 第1回講習会受講者(8名未満)と第2回講習会受講者の合計で8名を超えた承認候補チームの第1回講習会受講者については郵送等で承認証を交付します。

(6)狩猟の実施

  • a)承認を受けた方は、申請どおりチームでシカの狩猟を行うものとし、安全確保のため、他の狩猟者や一般の入山者の有無を確認するなど安全狩猟に努め、関係法令を遵守するとともに、車輌の停車場所の選考など地域住民の方々等に迷惑のかからないよう細心の注意を払うこと。
  • b)承認を受けた方は、狩猟者登録証及び承認証を携帯するとともに、狩猟者記章及び別に配付するワッペンを着用しなければならない。また、オレンジ色など目立つ猟装にて狩猟を行い、発砲時には矢先確認の徹底を図ること。
  • c)承認を受けた方は、警察、県職員、市町村職員、鳥獣保護管理員等に承認証その他必要な書類の提示を求められたときは従わなければならない。また、その他狩猟に関して指導された場合もその指示に従わなければならない。

(7)承認証の返納等

承認証は、有効期間満了後30日以内に、代表者がチーム全員の分を一括して受付機関に返納してください。
また、代表者は、そのチームの狩猟実績を

平成28年度ニホンジカ狩猟調査票(銃猟承認者用)(PDF:50KB)に記入し、併せて提出してください。

なお、ワッペンは返納の必要はありません。

2.ニホンジカ猟(網猟及びわな猟)

(1)実施内容

a)ニホンジカの網猟及びわな猟は、当該種の狩猟者登録のみで行うことができます。
b)内容は下記のとおりです。

区域

県下全域

人数制限

なし

期間

11月15日~2月15日

捕獲数制限

1人狩猟期間中40頭まで

(2)狩猟の実施

  • a)狩猟を行う際は、狩猟者登録証を携帯するとともに、狩猟者記章を着用してください。また、オレンジ色など目立つ猟装にて狩猟を行ってください。
  • b)網猟及びわな猟については次の事項を遵守してください。
    • はり網の禁止
    • 危険な陥穽(落とし穴)の禁止
    • 吊り上げ式くくりわなの禁止
    • 輪の直径が十二センチメートルを超えるくくりわなの禁止
    • 締付け防止金具が装着されていないくくりわなの禁止
    • よりもどしが装着されていないくくりわなの禁止
    • ワイヤーの直径が四ミリメートル未満であるくくりわなの禁止
    • とらばさみの禁止
    • わなの架設は1人30個以内
    • 網、わなにはそれぞれの猟具ごとに1字の大きさが縦横1センチメートル以上の文字で、住所、氏名、都道府県名、登録年度、狩猟者登録証の番号を書いた金属製又はプラスチック製の標識を見える場所につけること。
  • c)警察、県職員、市町村職員、鳥獣保護管理員等に狩猟者登録証の提示を求められたときは従うこと。また、その他狩猟に関して指導された場合もその指示に従うこと。
  • d)関係法令を遵守するとともに安全狩猟に努め、猟具を設置する場合は土地所有者又は土地の管理者の承諾を得るなど、地域住民等に迷惑をかけないよう細心の注意を払うこと。

(3)狩猟調査票の提出

狩猟実績を

平成28年度ニホンジカ・イノシシ狩猟調査票(わな猟用)(PDF:111KB)に記入し、狩猟者登録証の返納と併せて提出してください。

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部自然保護課鳥獣対策班

電話番号:043-223-2936

ファックス番号:043-225-1630

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?