ここから本文です。

更新日:令和4(2022)年8月3日

ページ番号:520554

4回目接種の対象者について教えてください。

4目接種の対象となる方は以下のとおりです。

4回目接種の対象は、3回目接種から5か月以上が経過した下記の方です。

1)60歳以上の方

2)18歳以上60歳未満で、

  • 基礎疾患を有する方やその他新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める方
  • 医療従事者等及び高齢者施設等の従事者

基礎疾患を有する方等について

60歳未満の方が4回目の接種対象者に該当するか否かについては、当日の予診等により医師が最終確認します。結果により接種をお断りする場合があります。あらかじめご了承ください。

基礎疾患等で医療機関を受診している方や、事前に相談できる医療機関をお持ちの方は、4回目接種について、その医療機関の医師にご相談ください。事前に相談できる医療機関をお持ちでない方は、接種会場の予診の際にご相談ください。

(1)以下の病気や状態の方で、通院/入院している方

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏症貧血を除く。)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のために入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している(※)、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している(※)場合)

※重い精神障害を有する者として精神障害者保健福祉手帳を所持している方、及び知的障害を有する者として療育手帳を所持している方については、通院又は入院をしていない場合も、基礎疾患を有する者に該当する。

(2)基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

(3)その他新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める方

医療従事者等及び高齢者施設等の従事者について

4回目接種の対象となる「医療従事者等及び高齢者施設等に従事者」とは、重症化リスクが高い多くの者に対してサービスを提供する医療従事者等及び高齢者施設・障害者施設等の従事者をいいます。

対象者の詳細な範囲については、下記資料を参考にしてください。

4回目接種における「医療従事者等及び高齢者施設等の従事者」の対象者(厚生労働省)(PDF:369KB)

参考:厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」

追加(4回目)接種はどのような人が対象になりますか。外部サイトへのリンク