サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:平成31(2019)年1月9日

感染症発生概要2018年12月分

発表日:平成31年1月9日

健康福祉部疾病対策課
電話:043-223-2672

インフルエンザ注意報を発令しました

2019年第1週(12月31日~1月6日)の定点当たり患者報告数が11.22となり、国の定める注意報基準値(10)を超えたため、本県では、インフルエンザの予防対策を更に徹底するよう注意を喚起するため、本日、「インフルエンザ注意報」を発令しました。

インフルエンザは、突然の高熱、頭痛、関節痛など、普通の風邪に比べて全身症状が強く、気管支炎や肺炎などを合併し重症化することが多いので、体力のない高齢者や乳幼児などは、特に注意が必要です。

インフルエンザの予防のため、咳エチケットや手洗いを心掛け、インフルエンザが疑われる場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

昨シーズン(2017/2018シーズン)は、第51週(12月18日~12月24日)に13.01となり、注意報を発令しており、昨シーズンと比較して2週遅い注意報の発令となりました。

定点当たりインフルエンザ患者報告数(千葉県)

年度別定点当たりインフルエンザ報告数

※定点当たり患者報告数とは、各定点において1週間に診断した患者数の平均値

※県が県内215ヶ所の小児科・内科を標榜する診療所等(インフルエンザ定点)を定点として指定し、その定点の医師が、インフルエンザ患者と診断した場合に保健所へ報告することになっている。

県民の皆様へ

インフルエンザが疑われる場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

インフルエンザの予防のため、次のことを心がけましょう。

  • 手洗いを日常的に行いましょう。
  • 室内では、加湿器などを使って乾燥を防ぎましょう。
  • 十分に栄養と休養をとり、体力や抵抗力を高め、体調管理を行いましょう。

県では、「咳エチケット」を推奨しています。

  • 咳・くしゃみが出たら、マスクを着用しましょう。
  • マスクを持っていない場合は、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を覆い、他の人から顔をそむけて1メートル以上離れましょう。
  • 鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨て、手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗いましょう。
  • 咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。

小児や未成年者がインフルエンザにかかった場合は、次のことに注意しましょう。

  • 抗インフルエンザウイルス薬の種類や服用の有無に関わらず、異常行動が報告されています。
  • 保護者等は、発症後2日間に加えて、治療開始後少なくとも2日間は小児・未成年者を一人にしないようにしましょう。

予防接種も検討しましょう。

  • インフルエンザワクチンの予防接種には、発症をある程度抑える効果や、重症化を予防する効果があり、特に高齢者や基礎疾患のある方など、罹患すると重症化する可能性が高い方には効果が高いと考えられていますので、かかりつけ医等と相談の上、接種を検討しましょう。

保健所別(地域別)定点当たり患者報告数

保健所別定点当たりインフルエンザ報告数

インフルエンザ様疾患による学級閉鎖等の発生状況(千葉市、船橋市、柏市含む)

 

期間

休校数 学年閉鎖校数 学級閉鎖校数

9月3日~11月25日

1

2

8

11

11月26日~12月2日

0

1

4

5

12月3日~12月9日

0

7

20

27

12月10日~12月16日

0

6

21

27

12月17日~12月23日

1

11

44

56

12月24日~12月30日

0

0

0

0

12月31日~1月6日

0

0

0

0

2

27

97

126

千葉県における感染症発生概要:平成30年12月分

(累計は平成30年1月1日~12月31日)

※発生概要は千葉市・船橋市・柏市の保健所設置市の発生数も含みます。

※平成31年1月8日現在、報告日で集計

一類感染症

0人(累計:0人)

二類感染症

(1)急性灰白髄炎:0人(累計:0人)

(2)結核:108人(累計:1,093)

類型 患者(確定例) 無症状病原体保有者 疑似症患者 その他

当月届出数

69

38

0

1

累計

754

330

6

3

(3)ジフテリア:0人(累計:0人)

(4)重症急性呼吸器症候群:0人(累計:0人)

(5)中東呼吸器症候群:0人(累計:0人)

(6)鳥インフルエンザ(H5N1):0人(累計:0人)

(7)鳥インフルエンザ(H7N9):0人(累計:0人)

三類感染症

(1)コレラ:0人(累計:0人)

(2)細菌性赤痢:2人(累計:10人) 

性別

年齢

市郡等 渡航歴 備考

3

42

東京都

カンボジア

 

15

62

船橋市

カンボジア

 

当月計

患者2【2】人

無症状病原体保有者0【0】人

【】内渡航者

累計数

患者8【7】人

無症状病原体保有者2【2】人

【】内渡航者

(4)腸チフス:0人(累計:2人)

性別

年齢

市郡等 渡航歴 備考

 

 

 

 

 

 

当月計

患者0【0】人

無症状病原体保有者0【0】人

【】内渡航者

累計数

患者2【2】人

無症状病原体保有者0【0】人

【】内渡航者

(5)パラチフス:0人(累計:0人)

四類感染症

  • (1)A型肝炎:1人
  • (2)E型肝炎:2人
  • (3)チクングニア熱:1人
  • (4)つつが虫病:33人
  • (5)デング熱:2人
  • (6)マラリア:1人
  • (7)レジオネラ症:6人

五類感染症

  • (1)アメーバ赤痢:7人
  • (2)カルバペネム耐性腸内細菌感染症:11人
  • (3)クロイツフェルト・ヤコブ病:1人
  • (4)急性弛緩性麻痺:1人
  • (5)急性脳炎:5人
  • (6)劇症型溶血性レンサ球菌感染症:6人
  • (7)後天性免疫不全症候群:10人
  • (8)侵襲性インフルエンザ菌感染症:7人
  • (9)侵襲性髄膜炎菌感染症:1人
  • (10)侵襲性肺炎球菌感染症:8人
  • (11)水痘(入院例):2人
  • (12)梅毒:16人
  • (13)百日咳:81人
  • (14)風しん:48人

年度別感染性胃腸炎集団発生件数(千葉市・船橋市・柏市含む)

年度

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計

H30

11

16

7

0

1

0

8

14

30

-

-

-

87

H29

24

20

14

7

2

1

10

14

35

18

12

15

172(127)

H28

14

8

19

4

0

3

18

100

115

7

13

10

311(281)

H27

26

7

13

5

1

1

6

19

22

25

20

12

157(100)

H26

6

9

5

1

0

1

5

19

33

26

22

21

148(79)

※括弧内は4月から12月までの累計です

平成30年12月の感染性胃腸炎集団発生状況(千葉市・船橋市・柏市除く):23件

施設種別

件数(件) 患者数(人) 原因物質

保育園

16

424

ノロウイルス・サポウイルス・アストロウイルス

幼稚園

1

33

ノロウイルス

小学校

2

52

ノロウイルス

社会福祉施設等

4

64

ノロウイルス

合計

23

573

 

感染性胃腸炎の予防について

  • 児童、生徒、職員等の健康管理に努めてください。
  • 施設内で、嘔吐物やふん便を処理するときには、使い捨てのビニール手袋・マスクを用い、汚れた床・用具などは適正な濃度の塩素系消毒薬で消毒してください。また、片付けが終わったらよく手を洗い、うがいをしてください。
  • 複数の患者発生時等には、速やかに管轄健康福祉センター(保健所)へ連絡し、詳しい消毒方法等の指導を受けてください。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課感染症予防班  

電話番号:043-223-2691

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?