サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年8月8日

感染症発生概要2017年7月分

発表日:平成29年8月8日

健康福祉部疾病対策課
電話:043-223-2672

手足口病が流行しています

感染症発生動向調査において、2017年第30週(7月24日~7月30日)の定点当たり患者報告数が6.72となり、2年ぶりに国の定める警報基準値(5)を超えています。

手足口病は、乳幼児を中心に夏季に流行するウイルス性感染症です。

家庭、保育所、幼稚園では、手洗いの励行に努め、感染を防ぎましょう。

定点当たり手足口病患者報告数(千葉県)

teashi5years

保健所別(地域別)定点当たり患者報告数

teashi5weeks

船橋(11.45)、習志野(10.90)、印旛(8.81)、千葉(8.44)、柏(7.22)が特に高くなっています。

手足口病とは

口腔粘膜及び手や足などに現れる水泡性の発疹を主症状とした急性ウイルス性感染症です。

感染経路

  • 飛沫感染、接触感染、糞口感染
  • 便中へのウイルス排泄は長期間にわたるため、症状が消失した患者も2~4週間感染源となりうる。

病原体

コクサッキーウイルス、エンテロウイルス等

症状等

  • 3~5日の潜伏期間後に、口腔粘膜、手足などの四肢末端に水泡性発疹が出現。
  • 通常、3~7日で軽快するが、稀に髄膜炎や脳炎などの中枢神経系の合併症を引き起こすことがある。
  • ウイルスの型により、水泡が大きいことや、発症後、数週間後に爪脱落が起こる症例が報告されている。

治療方法

  • 特異的な治療方法はない。
  • 水分不足にならないよう、経口補液などで水分を少量頻回に摂取することが重要。

感染予防対策

  • 手洗いの励行・タオルの共用を避ける
  • 適切な排便処理
  • 保育所や幼稚園などでは、遊具を別にする

参考ホームページ

手足口病の情報については、下記のホームページをご覧ください。

千葉県感染症情報センター

国立感染症研究所感染症情報センター外部サイトへのリンク

千葉県における感染症発生概要:平成29年7月分

(累計は平成29年1月1日~7月31日)

※発生概要は千葉市・船橋市・柏市の保健所設置市の発生数も含みます。

※平成29年8月1日現在、診断日で集計

一類感染症:

0人(累計:0人)

二類感染症:

(1)急性灰白髄炎:0人(累計:0人)

(2)結核:105人(累計:758人)

類型 患者(確定例) 無症状病原体保有者 疑似症患者 その他

当月届出数

64

41

0

0

累計

487

266

3

2

(3)ジフテリア:0人(累計:0人)

(4)重症急性呼吸器症候群:0人(累計:0人)

(5)中東呼吸器症候群:0人(累計:0人)

(6)鳥インフルエンザ(H5N1):0人(累計:0人)

(7)鳥インフルエンザ(H7N9):0人(累計:0人)

三類感染症

  • (1)コレラ:0人(累計:0人)
  • (2)細菌性赤痢:0人(累計:2人)
  • (3)腸管出血性大腸菌感染症:18人(累計:50人)
性別 年令 市群等 渡航歴 血清群、症状等
3

7

東金市

なし

O26
6 35 東金市

なし

O26
6 8 東金市

なし

O26
7 10 東金市

なし

O26
10 3 船橋市

なし

O157
10 2 市原市

なし

O103
13 15 市川市

なし

O157
14 4 千葉市

なし

O103
15 58 柏市

なし

O157
21 1 千葉市

なし

O26
22 29 市川市 ポルトガル O157
27 38 松戸市

なし

O157
27 26 野田市

なし

O157
27 32 木更津市

なし

O103、無症状
27 13 千葉市

なし

O157
28 9 船橋市

なし

O157
28 35 千葉市

なし

O103、無症状
29 40 鎌ケ谷市

なし

O157
当月計 患者16[1]人 無症状病原体保有者2[0]人 []内渡航者
累計数 患者35[2]人 無症状病原体保有者15[1]人 []内渡航者
  • (4)腸チフス:0人(累計:0人)
  • (5)パラチフス:0人(累計:0人)

四類感染症

  • (1)E型肝炎:2人
  • (2)A型肝炎:1人
  • (3)デング熱:1人
  • (4)日本紅斑熱:3人
  • (5)レジオネラ症:11人

五類感染症

  • (1)アメーバ赤痢:6人
  • (2)ウイルス性肝炎:1人
  • (3)カルバペネム耐性腸内細菌感染症:5人
  • (4)急性脳炎:6人
  • (5)劇症型溶血性レンサ球菌感染症:1人
  • (6)後天性免疫不全症候群:1人
  • (7)侵襲性インフルエンザ菌感染症:1人
  • (8)侵襲性肺炎球菌感染症:9人
  • (9)水痘(入院例):1人
  • (10)梅毒:9人
  • (11)破傷風:3人

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課感染症予防班  

電話番号:043-223-2691

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?