サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > 感染症対策 > 感染症発生情報 > インフルエンザの集団感染における死亡例について(平成27年1月29日発表)

報道発表資料

更新日:平成27(2015)年1月30日

インフルエンザの集団感染における死亡例について(平成27年1月29日発表)

発表日:平成27年1月29日

健康福祉部疾病対策課
電話:043-223-2672

茂原市に所在する公立長生病院(所在地:茂原市本納2777)でインフルエンザの集団感染が発生し、うち90代の入院患者2名が死亡したことについて、本日、同病院が別添のとおり報道発表をしましたのでお知らせします。
インフルエンザは、突然の高熱、頭痛、関節痛など、普通の風邪に比べて全身症状が強く、気管支炎や肺炎などを合併し重症化することが多いので、体力のない高齢者や乳幼児などは、特に注意が必要です。

概要

1月29日

長生保健所に公立長生病院から、本日までに入院患者8名及び職員5名が発熱の症状を呈しており、このうち90歳代・女性の入院患者2名が、27日、28日に死亡した旨、報告があった。

同病院によると、死亡した2名はともにインフルエンザB型と診断されており、入院中のインフルエンザの感染による影響があったと考えている旨、併せて報告があった。

本日、同保健所では、当該施設の疫学調査を実施するとともに、施設関係者に対し、院内感染対策の徹底等を指導した。

病院・社会福祉施設等における注意事項

  • 日ごろから入院患者等・職員の健康管理に注意してください。
  • 入院患者等・職員へのワクチン接種の意義、有効性、副反応の可能性等を十分に説明して同意を得た上で、積極的に予防接種の機会を提供しましょう。
  • インフルエンザ様疾患を呈する者の面会は、各施設、面会者、入所者等の事情を踏まえた上で、必要に応じて制限することも検討しましょう。
  • 施設の衛生の確保に加え、乾燥を防ぐため、加湿器等の設置などを検討しましょう。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課感染症予防班  

電話番号:043-223-2672

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?