ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > 予防接種健康被害救済制度について > 行政不服審査法に基づく審査請求に係る裁決について

報道発表資料

更新日:平成28(2016)年1月21日

行政不服審査法に基づく審査請求に係る裁決について

発表日:平成28年1月15日

千葉県健康福祉部疾病対策課

電話:043-223-2672

 

平成26年2月に、県民(請求人)から県に対し、予防接種法に基づく健康被害救済の不支給処分の取り消しを求める審査請求がありました。この請求に対し、県は、請求人から提出された審査請求書及び医師による鑑定等により審査を行いました。審査の結果、県は請求人の訴えを認め、不支給決定を取り消す裁決を行いました。

 

発生の経緯

  • 平成18年12月 生後5か月男児が3種混合ワクチン接種し、8日後に健康被害が発生した。
  • 平成24年10月 千葉県市町村総合事務組合が請求人の被害救済(医療費等)の申請を受理し、厚生労働省に進達した。
  • 平成25年12月 厚生労働大臣が疾病・障害認定審査会の意見を踏まえ否認した。
  • 平成26年  1月 この否認を受け、同組合長が不支給処分を決定した。
  • 平成26年  2月   請求人が不支給処分の取り消しを求め、県に対し審査請求を行った。
  • 平成28年  1月   県は審査請求について、不支給処分取り消しの裁決を行った。

請求の内容

不支給処分の理由は承服しがたい。

裁決の概要

ワクチン接種と健康被害との因果関係が否定できないため、請求人の訴えを認め、不支給処分を取り消す。

(参考)3種混合ワクチン

  • 百日せき、ジフテリア、破傷風の混合ワクチン
  • 予防接種法に基づく予防接種で、生後3カ月以上7歳6カ月未満の者に4回接種する。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課感染症予防班  

電話番号:043-223-2691

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?