ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > 感染症対策 > 予防接種関係情報 > 平成7~18年度に生まれた方は、日本脳炎の予防接種が不十分な可能性があります

更新日:平成27(2015)年9月29日

平成7~18年度に生まれた方は、日本脳炎の予防接種が不十分な可能性があります

日本脳炎の予防接種を受け、重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、市町村は、国の勧告を受け、日本脳炎の予防接種の案内を行いませんでした。(いわゆる「積極的勧奨の差し控え」)
その後、新たな日本脳炎ワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています。

平成7~18年度に生まれた方は、平成17~21年度に日本脳炎の予防接種を受ける機会を逃していることがありますので、特に、今年(平成25年度)小学1~4年生の方は、母子健康手帳などを確認の上、今後、市町村からの案内に沿って、接種を受けましょう。

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

 

日本脳炎(厚生労働省)外部サイトへのリンク

日本脳炎(国立感染症研究所感染症疫学センター)外部サイトへのリンク

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課感染症予防班  

電話番号:043-223-2691

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?