ここから本文です。

更新日:平成26(2014)年1月14日

百日咳にご注意!

成人の百日咳は軽症でも菌の排出があり、ワクチン未接種の新生児・乳児に対する感染源とも言われているので、注意が必要です。

感染経路・症状

百日ぜきは、せきやくしゃみの飛沫でうつります。
最初は風邪症状で始まりますが、次第にせきが強くなり、その後、激しいせきの発作(顔を真っ赤にしてコンコンと立て続けに激しくせき込み、最後にヒューと音を立てて息を吸い込む)が続きます。合併症がないかぎり熱はありません。
大人の場合は、せき込んで夜間に目が覚めることが多くなります。
乳児では重症になり、特に新生児がかかると無呼吸となり、致死的となることがあり、また、肺炎や脳症を併発することがあります。

予防方法

百日ぜきの予防接種(三種混合ワクチン)を生後3ヶ月に達したらなるべく早く受けましょう。
日ごろから手洗い・うがいを励行し、せきが長引く場合には早めにかかりつけ医に受診をしましょう。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課感染症予防班  

電話番号:043-223-2691

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?