ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > 感染症対策 > 感染症対策について > ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎にご注意!

更新日:平成28(2016)年12月21日

ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎にご注意!

千葉県健康福祉部疾病対策課
千葉県健康福祉部衛生指導課

ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、年間を通じて発生しますが、特に秋から春にかけての冬場に多く発生します。

学校、保育園、社会福祉施設など集団生活をする施設で発生した場合は、集団感染になることがあるので注意しましょう。

感染性胃腸炎警報

平成28年度は平成28年12月7日に警報を発令しています。

感染性胃腸炎の集団発生について(一覧)

ノロウイルスについて

ノロウイルスとは?

ノロウイルスはヒトの小腸で増殖し、嘔吐や下痢等を起こすウイルスです。

ノロウイルスに感染すると、下痢や嘔吐等の症状があります。

  • 潜伏時間は24~48時間で、下痢、吐き気、腹痛、発熱(38℃以下)が主症状です。通常3日以内で回復します。
  • 発症しても風邪のような症状で済む人もいますが、抵抗力が落ちている人や乳幼児では重症化することがあります。
  • 数十個から百個程度のウイルスを摂取することで感染します。
  • 下痢や嘔吐の症状がある時には、水分を多めに摂るように心がけ、早めに医療機関に受診しましょう。
  • 下痢や嘔吐物には、たくさんのウイルスがいますので、他の人にうつさないよう、トイレの後には十分手を洗い、入浴は避けシャワーにするよう心がけましょう。

冬は、ノロウイルスによる感染性胃腸炎が増加します。

  • 感染性胃腸炎は、年間を通じて発生しますが、12月に発生のピークがあります。
  • 冬は、特にノロウイルスによる感染性胃腸炎が多くなります。

ノロウイルスは、二枚貝を食べることにより感染したり、感染した人の便や吐物に触れた手等から口を介して感染します。

  • 二枚貝の中腸腺という内臓にウイルスが取り込まれ、ウイルスを取り込んだ二枚貝を生や加熱不十分な状態で食べることにより、感染します。
  • ノロウイルスに感染したヒトが、手洗いを十分行わず調理をすると、食品がウイルスに汚染され、その食品を食べることにより感染するおそれがあります。
  • ノロウイルスに感染したヒトの便や嘔吐物にはウイルスが含まれています。それらの処理が不十分だと、手等を介してウイルスがヒトの口から取り込まれ感染するおそれがあります

感染予防のためには、食品をよく加熱することと、調理や食事の前には良く手を洗うことが大切です。

  • 二枚貝は中心部まで十分に加熱してから食べましょう。湯通し程度の加熱ではウイルスは死にません。
  • 生鮮食品(野菜、果物など)は十分に洗浄しましょう。
  • トイレの後、調理をする際、食事の前にはよく手を洗い、使用するタオル等は清潔なものを使用しましょう。
  • 調理従事者が、下痢、吐気、嘔吐、腹痛、発熱などの症状がある時は、調理への従事を避けましょう。

集団発生につながることのないよう、便や吐物の処理に気をつけましょう。

  • 施設内で、便や吐物の処理をする場合には、念のため使い捨てマスクやビニール手袋を用い、汚れた床・用具などは塩素系の消毒剤で消毒しましょう。
  • また、片付けが終わったらよく手を洗い、うがいをしてください。

参考

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課感染症予防班  

電話番号:043-223-2691

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?