サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 行政手続案内 > 手続(しごと・産業・観光) > 農林水産業 > 森林法 > 【森林法】木材等の搬出等をするために他人の土地に使用権を設定する認可

更新日:平成29(2017)年8月11日

【森林法】木材等の搬出等をするために他人の土地に使用権を設定する認可

受付窓口等

受付窓口

農林水産部森林課林業振興室(電話番号:043-223-2966)

受付時期

随時

根拠法令等及び条項

森林法第50条第1項

 

標準処理期間

未設定【過去に申請の実績がなく、あらかじめ審査基準等を設定することが困難であるため】

審査基準

ア.使用権を設定できる者は、森林から木材、竹材若しくは薪炭を搬出し、又は林道、木材集積場その他森林施業に必要な設備をする者である。これには、森林所有者以外の者、例えば、搬出又は設備の行為をする者であって、森林所有者から搬出又は設備を請け負って行うに過ぎない者も含まれる。
イ.使用権を設定できる場合は、木材、竹材若しくは薪炭を搬出するため、又は林道、木材集積場その他森林施業に必要な設備をするために(ア)他人の土地を使用することが必要かつ適当であること(イ)他の土地をもって代えることが著しく困難であることという要件をすべて備えていることが必要である。
ウ.イの(ア)の「必要かつ適当であること」とは、土地収用法(昭和26年法律第219号)第2条にいう「土地の利用上適正且つ合理的である」ことと同意義である。また、使用権の設定は、使用の目的に必要な範囲内に限られる。
エ.イの(イ)の「他の土地をもって代えることが著しく困難である」場合には、もしその土地を使用しなければ木材等を搬出することが不可能であるという場合のほか、他の土地を経由して搬出することも不可能ではないが、著しい危険が伴う、又は経費が莫大にかかるというような場合も含まれる。

審査基準の設定年月日

平成12年11月21日(最終更新:平成16年10月22日)

参考事項・関連法令等

「森林法に基づく市町村の長及び都道府県知事の処分に係る審査基準等について」の一部改正について(平成24年3月30日林野庁指導部計画課長通知)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部森林課林業振興室

電話番号:043-223-2966

ファックス番号:043-225-7448

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?