ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年8月7日

第80回千葉県森林審議会議事録

1開催日時

平成23年1月28日(金曜日)午前10時00分~午後0時10分

2開催場所

プラザ菜の花3階大会議室「菜の花」

3出席委員の氏名

安藤伸博委員、小高茂委員、小林達明委員、斎藤万祐委員、佐山裕子委員、手島芳枝委員、林正夫委員、古谷尊彦委員、宮下登久子委員、山田利博委員、吉岡實委員

4欠席委員の氏名

恵小百合委員、渡邊智子委員

(1)開会

(2)会議成立の報告

委員数13名のうち、11名の出席があり会議が成立している旨、事務局より報告。

(3)農林水産部長あいさつ

農林水産部長

農林水産部長の重田でございます。本来ですと知事が冒頭にごあいさつさせていただくところでございますけれども、他の公務がございまして参れないものですから、私から開催にあたりまして、一言ごあいさつさせていただきます。

委員の皆様方におかれましては、大変お忙しいなか、御出席いただき誠にありがとうございます。

皆様方には、日頃から、本県の森林・林業行政につきまして、多大な御理解・御協力をいただいておりますことを、この場をお借りいたしまして厚く御礼申し上げます。

さて、農林水産部では、昨年3月に策定した「千葉県総合計画『輝け!ちば元気プラン』」を具体化・実現化していくため、園芸、農産、畜産、森林・林業、水産の各分野における5つの振興計画と、担い手育成、販売促進の各分野にまたがる2つの計画を加えた7つの計画を本年度中に策定する予定でございます。

「地域を支える力強い農林水産業」の実現に向けて、関係機関、団体の方々と緊密な連携を取りながら、これらの計画を着実に実施していく所存であります。

本日は、諮問案件はないことから、県の森林施策の取組状況についての御報告をさせていただくこととしました。

また、森林保全部会からは、林地開発許可案件に関する審査状況などの御報告がございます。

委員の皆様方には、どうか、活発な御議論をいただきますようにお願い申し上げまして、私からの挨拶とさせていただきます。

(4)委員紹介

(5)幹部職員の紹介

(6)会長あいさつ

斎藤会長

委員の皆様方におかれましては、寒さ厳しい中、「第80回千葉県森林審議会」に御出席いただきまして、誠にありがとうございます。

さて、昨年の日本経済は、前半は持ち直し基調にあったものの、消費刺激策の終了に伴う反動、急激に進行した円高による輸出の減速とともに依然デフレ状況が続いており、先行きに不透明感が強く、一刻も早い回復が望まれているところでございます。

ところで、本年は、国連総会の議決により決定した「国際森林年」であり、各国において、森林の持続可能な経営、保全などを進めていくうえでの国民の理解と協力が得られるよう取り組んでいくとのことです。

我が国は世界の中でも有数の森林資源に恵まれた国であり、古くから森林を持続的に使う林業が存在し、豊かな森林が育ってきました。

本県においても、県土の3分の1を占める森林は、木材等の林産物の供給、水源のかん養、県土の保全、地球温暖化防止などの多様な機能を通じ、県民生活の安全・安心の実現に重要な役割を果たしております。この先人から引き継いだ豊かな森林を守り育て健全な姿で次の世代に引き継いでいくことが重要であると考えております。

本日の森林審議会では、知事より諮問された事案はなく、森林課より森林・林業行政の最近の状況についての報告でございますが、委員の皆様から活発なご意見をいただきますようお願い申し上げ、簡単ですが挨拶といたします。

(7)議長選出

議長には、斎藤会長が選出された。

(8)議事録署名人選出

議長の指名により、佐山委員と吉岡委員が選任された。

(9)傍聴希望者について

傍聴希望者はいない旨、事務局より報告。

(10)議事

議長

「森林保全部会の開催状況」について古谷森林保全部会長から、「千葉県総合計画原案」他について事務局から報告を求める。

古谷部会長

【資料1】森林保全部会の開催状況について

事務局

【資料2】森林・林業振興計画(案)及び美しいちばの森林づくりビジョン(原案)について

委員

森林・林業振興計画に、環境面の政策を反映するよう要望。

事務局

環境面の考え方は、表記は少ないものの「地球温暖化防止のための森林整備」で触れていることを説明。

委員

森林・林業振興計画の内容に、環境を打ち出すことに賛同。また、美しいちばの森林づくりビジョン(原案)の「ちばらしい地域組織の形成」における、ちばらしいとはどのようなことか質問。

事務局

単に国の施策の則った組織づくりではないこと、また里山活動団体の活動が活発であるという千葉県の特徴を基礎にし、県内のそれぞれの地域に合った組織づくりを進めることを説明。

委員

伐期を迎えた森林資源の有効活用について、需要面への取組について質問。

事務局

公共建築物等における木材利用促進の「千葉県方針」について説明。

委員

森林や木材に関する商品開発の推進について提案。

事務局

以下の事項をまとめて説明。

【資料3】公共建築物等における県産木材の利用促進について

【資料4】法人等による森林整備の促進について

【資料5】里山地域の活性化と森林の活用について

【資料6】海岸を中心とした保安林の整備・管理について

【資料7】羽田沖埋立用土砂採取跡地緑化状況について

【その他】

委員

県産材を使用して建築物を建てる場合のコスト問題の提起と、木造建築物を発注する場合の分離発注による行政の仕組みの要望。

委員

羽田拡張事業に伴う砂利採取跡地の緑化について、予算上の助成があったのか質問。

事務局

緑化に対し積極的に考えている大手企業が実施していること、また、緑化計画を作成していることを説明。

委員

県産木材のコストの採算性と、合法木材証明に関する問題提起。

委員

里山整備について行政が積極的に関わることを提案。

委員

松くい虫被害対策について提案。伐倒駆除は全面的に実施しているのか質問。

事務局

全量特別伐倒駆除、チップ化していることを説明。

(11)閉会

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部森林課森林政策室

電話番号:043-223-2951

ファックス番号:043-225-7448

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?