ここから本文です。

ホーム > 防災・安全・安心 > 放射能・放射線関連情報 > 福島第一原子力発電所事故関係 > 放射性物質を含むごみ焼却灰の一時保管について > 放射性物質を含むごみ焼却灰の一時保管終了後における空間放射線量測定結果について

更新日:平成28(2016)年1月10日

放射性物質を含むごみ焼却灰の一時保管終了後における空間放射線量測定結果について

放射性物質を含むごみ焼却灰の一時保管終了後における、敷地境界及び周辺地域の空間放射線量測定結果について、それぞれお知らせ致します。

お知らせ

空間放射線量の測定は、ごみ焼却灰の一時保管を開始した平成24年12月から、一時保管が終了し一時保管場所の原状復旧工事が完了した平成27年12月まで、継続的に実施しましたが、一時保管場所の敷地境界及び周辺地域における空間放射線量は、いずれの時点においても一時保管開始前と同程度であり、一時保管による影響は認められませんでした。

1.測定結果

2.測定方法

  1. 測定方法:
    測定地点において、地上1メートルの高さで測定。
  2. 測定機器:
    日立アロカメディカル社製シンチレーションサーベイメータ(TCS-172B)

3.測定箇所

一時保管場所敷地境界測定地点(PDF:113KB)

一時保管場所周辺地域測定地点(PDF:49KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部循環型社会推進課資源循環企画室

電話番号:043-223-2758

ファックス番号:043-221-3970

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?