ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > ごみ・廃棄物・リサイクル > 3R(スリーアール) > 産業廃棄物の3R促進について > 平成30年度千葉県産業廃棄物リサイクル技術普及促進研修会の開催について

更新日:平成31(2019)年1月24日

平成30年度千葉県産業廃棄物リサイクル技術普及促進研修会の開催について

県内の優良な排出事業者を増やし、廃棄物の適正処理及びリサイクルを促進していくために、平成22年度から「千葉県産業廃棄物リサイクル技術普及促進研修会」を開催しています。

今年度は燃料小売業における環境対策をテーマとして、講演会及び実際のリサイクルの様子を御覧いただくための中間処理場への見学会を行います。燃料小売業の方に限らず、皆様の参加をお待ちしています。

開催概要

日時

平成31年3月13日(水曜日)10時~16時45分

概要

第1部講演会(10時~12時)

1)開催場所
ホテルプラザ菜の花4階会議室「槙」(千葉市中央区長洲1-8-1)

(JR本千葉駅より徒歩3分、千葉都市モノレール県庁前駅より徒歩1分)

案内図

会場(プラザ菜の花)

2)開催内容
講演1「ガソリンスタンドにおける燃料蒸発ガスについて」(10時05分~10時35分)

講師:千葉県環境生活部大気保全課自動車公害対策班

ガソリンスタンドから出る燃料蒸発ガス(ガソリンベーパー)の対策について「大気環境配慮型SS認定制度」の案内も含めて講演します。

講演2「土壌汚染対策法の手続と油汚染土壌の適正処理について」(10時40分~11時10分)

講師:千葉県環境生活部水質保全課地質汚染対策班

ガソリンスタンドの解体時などに必要となる場合がある土壌汚染対策法の手続の紹介と、油汚染土壌の適正処理について講演します。

講演3「自動車用のエンジン始動用鉛蓄電池のリサイクルについて」(11時15分~12時)

講師:一般社団法人鉛蓄電池再資源化協会事務局長

燃料小売業から排出される産業廃棄物の主となるものとして廃油と廃バッテリーが挙げられますが、廃バッテリーの不適正な処理による環境汚染も懸念されることから、継続的・安定的なリサイクルの推進について御講演いただきます。

第2部見学会(13時15分~16時45分)

※受講者の中から、事前に申し込んだ方を対象とします。

1)見学先

産業廃棄物処理施設

2)見学内容

燃料小売業から排出される産業廃棄物の主となる廃油の廃棄物の保管場所や油水分離槽等を見学します。

参加費

無料

対象者

県内の燃料小売業者(定員:講演会100名、見学会30名)

ただし、上記以外の方の参加も可能です。

申込み方法

申込用紙に必要事項を御記入の上、ファックス、郵送又は電子メールのいずれかの方法によりお申し込みください。

申込用紙(ワード:25KB)

申込用紙(PDF:47KB)

申込み先

郵送:〒260-8667千葉市中央区市場町1-1千葉県環境生活部循環型社会推進課環境保全活動推進班

ファックス番号:043-221-3970

電子メール:e-haiki@mz.pref.chiba.lg.jp

※電子メールで申し込む場合、件名は「産廃リサイクル研修会申込み」でお願いします。

※お申し込み締め切りは2月25日(月曜日)です。ただし、それ以降も定員まで順次受付を行います。

※申込書に御記入いただいた個人情報は、当該事業以外の目的には使用いたしません。

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部循環型社会推進課環境保全活動推進班

電話番号:043-223-2760

ファックス番号:043-221-3970

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?