ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > ごみ・廃棄物・リサイクル > 3R(スリーアール) > 産業廃棄物の3R促進について > 平成27年度千葉県産業廃棄物リサイクル技術普及促進研修会の開催について

更新日:平成27(2015)年12月18日

平成27年度千葉県産業廃棄物リサイクル技術普及促進研修会の開催について

「千葉県産業廃棄物リサイクル技術普及促進研修会」は、県内の優良な排出事業者、廃棄物処理業者を増やし、廃棄物の適正処理及びリサイクルを促進していくために、平成22年度から開催しています。

東京オリンピックを控え、建設現場で大量な建設廃棄物の発生が見込まれることから、今年度は建設業界における廃棄物削減と再資源化をテーマとして、講義のほか、効率的かつ経済的な分別手法等を実践している中間処理業者へのバスツアーを行います。

開催概要

1)開催日時

平成27年2月16日(火曜日)

  • 講義:13時~14時50分
  • 視察バスツアー:15時10分~17時50分 *希望者のみ

2)開催場所

講義

千葉商工会議所 研修室A(千葉市中央区中央2-5-1千葉中央ツインビル2号館12階)

案内図(千葉商工会議所HP)外部サイトへのリンク

(JR千葉駅より徒歩10分、京成千葉中央駅より徒歩8分、千葉都市モノレール霞川公園駅より徒歩3分)

視察バスツアー

丸徳興業株式会社 千葉中央リサイクルセンター(千葉市中央区村田町893-486他)

   出発地:千葉商工会議所     帰着地:JR千葉駅

3)参加費

無料

4)対象者

建設業者、産業廃棄物の排出事業者等 (定員:講義100名 視察バスツアー30名)

5)開催内容

一部変更される可能性があります。また時間は目安であり、質疑応答を含みます。

講義(13時00分~14時50分)

受付開始12時30分~

講演(1):「『建設リサイクル推進計画2015(関東地域版)』について」(13時05分~13時55分)

講師:遠藤利行氏(国土交通省関東地方整備局企画部技術調査課技術開発係長)

関東地域の建設リサイクル推進に関する4ヵ年計画(2015~2018年)が平成27年7月に発表されたことから、その内容を御説明いただくとともに、今後の建設リサイクルの展望について御講義いただきます。

講演(2):「建設混合廃棄物の現場分別手法・リサイクルについて」(14時00分~14時50分)

講師:山口信彦氏(丸徳興業株式会社 千葉中央リサイクルセンター所長)

建設廃棄物は、できる限り現場分別することがリサイクル推進に重要であり、かつコスト削減となることから、建設混合廃棄物の中間処理(再資源化)業者として、有効な現場分別手法などについて御講義いただきます。

視察バスツアー(15時00分~18時00分)

視察先:丸徳興業株式会社千葉中央リサイクルセンター(千葉市中央区村田町893-486他)16時00分~17時00分

新築及び解体工事現場等から発生する廃プラスチック、木くず、がれき類等を、プラスチック原料、燃料チップ、再生砕石へ処理するマテリアルリサイクルを中心に中間処理を行い、太陽光発電施設を併設する建設混合廃棄物の中間処理施設(平成26年5月竣工、処理能力日量 破砕選別設備470トン、再生砕石工場3,160トン他)を視察します。

※施設内を歩きますので、踵の高い靴や滑りやすい靴を避けてください。

※受講者の中から、事前に申し込んだ方のみ

6)申し込み方法

申込用紙に必要事項記入のうえ、FAX、郵送またはe-mailのいずれかにより、2月9日(火曜日)までにお申し込みください。

申込用紙(PDF:10KB)  申込用紙(ワード:63KB)

(FAX)043-221-3970

(郵送先)千葉県千葉市中央区市場町1-1 千葉県環境生活部循環型社会推進課環境保全活動推進班

(e-mail)e-haiki@mz.pref.chiba.lg.jp *件名を「産廃リサイクル研修会申し込み」としてください。

*本申込書にご記入いただいた個人情報は、本事業以外の目的に使用しません。(次回以降の案内等をさせていただく場合がございます。)

応募者多数の場合は抽選を行い、参加できない場合のみ御連絡します。

7)その他

開催案内チラシ(PDF:220KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部循環型社会推進課環境保全活動推進班

電話番号:043-223-2760

ファックス番号:043-221-3970

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?