ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年12月21日

薬剤検査部-業務案内

薬剤検査部は薬剤業務、臨床検査業務、放射線業務を担当しています。

臨床検査業務、放射線業務

同じ県立病院で、近くに所在する救急医療センターと連携して、生理検査、放射線診断検査(レントゲン・CT)をおこなっています。

薬剤業務

病院の入口近くの薬局では、入院、外来の薬の全てを調剤しています。薬の包装は、患者さんが飲みやすいように一包化包装を取り入れています。
また、患者さんには薬剤情報提供書をお渡ししています。
ジェネリック医薬品についても、積極的に採用を検討しています。
入院中の患者さんへ服薬指導をしています。
薬のことで、お聞きになりたいことなどがありましたら、お気軽に薬局窓口でお尋ねください。

一包化包装

薬を飲む時間ごとに、一つの包装にしたものです。錠剤、カプセルなどをPTPシート(アルミなどでできた、薬を包装しているもの)から取り出す手間がなく、飲み忘れを防ぐことにもつながります。

薬剤情報提供

***様のお薬の説明書という用紙をお渡し、薬の名前、飲み方、効果、副作用、使用上の注意等をお知らせしています。

ジェネリック医薬品

新薬の特許期間が終了し、有効性と安全性が確かめられたのちに売りだされる医薬品。薬価が安いため、患者さんの自己負担が少なくてすみます。