ここから本文です。

報道発表案件

更新日:令和元(2019)年9月12日

平成27年度総合計画の進行管理の結果について

平成28年9月16日

総合企画部政策企画課

県では、中長期的に視点に立った県政運営を進めるため、平成25年10月に総合計画「新 輝け!ちば元気プラン」(平成25~28年度)を策定し、「くらし満足度日本一」の実現を目指して、計画の推進に取り組んでいます。

このたび、平成27年度の取組について、実施状況を分析して要因や課題を把握する評価を行いました。

今後、この結果に基づいて、必要となる改善に取り組んでまいります。

1.進行管理の方法

総合計画は、PDCAマネジメントサイクル(計画Plan-実施Do-評価Check-改善Action)により進行管理を行っています。

2.施策の実施状況

総合計画に掲げた施策の実施状況は「進展」「概ね進展」「一部の進展」の3つに区分して整理しています。
3年間を通じた施策の実施状況は、5つの施策において3年連続の「進展」となりましたが、3年連続して「一部の進展」となった施策もある等、施策によって進捗度に偏りが見られます。
進捗が遅れている施策については、目標の達成に向けて、要因分析や課題整理を行い、それらを踏まえた28年度に実施すべき取組を推進しているところです。

3.総合計画の進行管理に関する有識者の意見

平成28年8月18日に「千葉県総合計画の進行管理に関する有識者懇談会」を開催し、学識経験を有する委員(東京工業大学大学院坂野達郎教授、ほか4名)から意見をいただきました。

主な意見

・目標を達成できなかった要因だけでなく、達成した要因や、新たな課題につながる時代や環境の変化などを分析することが必要である。
・性格や手段が似通っている施策については、横断的な分析を行い、他の施策分野の知見を活用して、課題の解決にあたることが有効である。
・満足度を測る指標については、単に満足しているかどうかを聞くのではなく、具体的に何に対して満足しているのか分析することが重要である。

4.評価結果の活用

評価により明らかになった成果と課題を、総合計画の着実な推進に活用します。

5.結果の公表

評価結果の関連資料については以下の通りになります。

平成27年度「新 輝け!ちば元気プラン」進行管理

また、県庁本庁舎2階県政情報コーナーや各地域振興事務所、県文書館等において閲覧できます。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部政策企画課政策室

電話番号:043-223-2440

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?