ここから本文です。

報道発表資料

更新日:平成28(2016)年2月24日

南房総地域半島振興計画の変更について

平成28年2月23日

総合企画部政策企画課

千葉県では、平成27年3月の半島振興法の改正を受け、定住の促進の明確化やそのための振興策を反映した「南房総地域半島振興計画」の変更を進めてきましたが、平成28年2月23日、同計画の変更について国土交通大臣等の関係主務大臣から同意を得ました。

今後は、本計画に基づき、南房総半島地域の振興に向けて、着実に取組を進めてまいります。

1.経緯

平成27年3月の半島振興法(以下「法」という。)の改正により、法期限が10年間延長(平成37年3月31日まで)され、「南房総地域半島振興計画」の変更が必要になりました(法第3条第1項)。

2.法改正の概要

  • 目的規定の改定(「定住の促進」の追加)
  • 半島振興計画の計画事項の追加(「交通通信の確保」、「就業の促進」、「医療の確保」、「防災体制の強化」の追加)
  • 都道府県の配慮事項の追加(主なもの)

    「情報の流通の円滑化及び通信体系の充実」の項目に「他地域との情報通信技術の利用の格差是正」を追加

    「農林水産業その他の産業の振興」の項目に「新規就農者の確保、鳥獣による被害の防止、6次産業化の推進」を追加

3.「南房総地域半島振興計画」の概要

(1)位置付け

半島地域は、産業基盤や生活環境等が他の地域と比較して未だ十分に整備されていないことから、半島振興法は、半島地域の社会基盤の整備を推進し、自立的発展を図ることなどを目的としており、都道府県は、同法第3条第1項の規定により半島振興に関する計画の作成が義務付けられています。

※対象地域:全国23地域

(2)対象市町(6市3町)

館山市、勝浦市、鴨川市、富津市、南房総市、いすみ市、大多喜町、御宿町、鋸南町

(3)計画変更の経緯

昭和62年に第1次計画を作成し、今回は第4次計画となります。

(4)計画の構成

  • 「第1基本的方針」・・・地域の概況、現状及び課題、振興の基本的方向
  • 「第2振興計画」・・・具体的な取組について記載

(5)今回の変更概要

  • 計画期間を平成27年度から概ね10年間とし、社会情勢の変化に伴う修正
  • 法目的の改正を踏まえ、半島振興の方向性として定住の促進を明確化
  • 計画事項として以下が拡充されたことによる振興策の強化(交通通信の確保、就業の促進、医療の確保、防災体制の強化)

4.リンク

南房総地域振興計画の推進について

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部政策企画課地域振興班

電話番号:043-223-2441

ファックス番号:043-225-4467

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?