サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年9月14日

黒戸獅子連

黒戸の獅子舞

地域伝統を守り

後世に伝える

獅子舞いの写真

団体名称

黒戸獅子連(くろどししれん)

取り組んでいます

獅子舞いのおこりは約200年前に遡ると思われる。この地方の獅子舞いは越天(えつてん)流と小柳流の2派があり、黒戸地区は越天流で、東金市松之郷の獅子連から習い受けたものという。

この式は鎮守の社殿で行われ、このときの舞いを平神楽といい、所要時間はおよそ30分、囃にして12種類、囃の変わる度に舞いも変わり見ものである。
越天流はさる山伏が人間生活における音楽の効果を考え、農民に平和と娯楽を与えようとして、皇室の雅楽越天楽になぞらえて編み出したものという。最初は素朴な楽器を用い、神の変身として獅子頭を取り入れた簡単な舞いであったものが、時の流れとともに今日のようになったものと推測される。

今から90~100年前の全盛期には獅子会が催され各地区の獅子連が集まってわざをきそいあい、また農村娯楽に大いに寄与した。
今日では、当地区の春日神社へ春・秋(成人の日・体育の日)に舞いを奉納している。

苦労話、自慢話

春・秋の奉納舞いを通して地域住民の交流の活性化を図っている。

また、地元二宮小学校と協力し、約20名の児童とともに月2回、第1第3土曜日に二宮福祉センターで練習を行い、茂原七夕まつり、地元のイベント、敬老行事などに参加している。

これからやりたいこと

後継者育成のため、若者が興味を持つ活動をする。また、他地域のグループと交流をもちたい。

協力します、力を貸して

市の行事等で踊っています。お問い合わせください。

黒戸獅子連の概要

団体所在地

茂原市黒戸180(代表者)

代表者

松崎 和夫(男性)

電話番号

0475-24-6041

取組開始

不明

構成人数

20人(男14人:女6人)

イベント情報など活動内容については、各地域づくり活動団体あて直接お問い合わせください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部政策企画課地域振興班

電話番号:043-223-2447

ファックス番号:043-225-4467

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?