ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年7月26日

平成19年度消費生活相談について

平成20年6月30日
環境生活部県民生活課
電話 043-223-2292

平成19年度に、県消費者センター及び市消費生活センター等の相談窓口に寄せられた、消費生活相談の集計結果がまとまりました。

消費生活相談の概要

1 相談件数は若干減少

平成19年度の相談件数は46,694件で、前年度の47,339件に比べ645件、率にして1.4%減少しているものの、依然として多くの相談があります。

2 性別・年代別の相談件数

年代別では30才代の相談が9,554件と全体の20.5%を占め、次いで20才代の7,021件でした。全体の相談件数は減少しましたが、40才代、60才代、70才以上の相談は前年に比べ増加しました。

3 相談の多い商品・役務(サービス)

不当請求関連の相談が多い「オンライン等関連サービス」の相談は依然として多く、9,100件と全相談の19.5%を占め、次いで「フリーローンサラ金」「商品一般」「不動産賃貸」「工事・建築」の相談が多くありました。

「エステティックサービス」の相談は、県内に事業所のあった業者の倒産に関連して増え、前年の357件から626件に増加しました。20才代が相談の半数以上を占め、相談件数は前年の210件から346件に増加しました。

「工事・建築」に関する相談は、年代が上がるにつれ増加し、「工事・建築」に関する相談の43.8%は契約当事者が60才以上でした。

平成19年度消費生活相談の概要

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部くらし安全推進課消費者安全推進室

電話番号:043-223-2292

ファックス番号:043-221-2969

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?