ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年7月18日

飲食店のメニュー及び加工食品等における適正な表示の徹底について(事業者の皆様へ)

環境生活部生活安全課
電話:043-223-2794

各ホテル、旅館及び飲食店等事業者の皆様へ

県内外のホテル事業者等が運営する飲食店等において、メニュー表示と異なった食材を使用して料理を提供していたこと等が大きな問題となっており、県民の食品表示に対する信頼が揺らいでいるところです。

不当景品類及び不当表示防止法(以下「景品表示法」という。)では、商品・サービスの品質や規格等の内容について、消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示す表示を禁止しています。

また、食品表示法では、同法に基づく食品表示基準により、加工食品等について、その容器包装に原材料名や原料原産地名等の表示を義務付けています。

つきましては、食品に対する消費者の信頼を確保するため、下記の点についてご協力をお願いいたします。

  1. 飲食店のメニュー等に事実と異なる表示がないか点検を行い、消費者を著しく誤認させることのないよう適正な表示を行うこと。
  2. 弁当、惣菜などの加工食品に事実と異なる表示がないか点検するとともに、食品表示法に基づく食品表示基準が適用される食品にあっては、当該基準により食品表示を行うこと。
  3. 景品表示法をはじめとした食品表示関係法令に係る正しい知識の習得に努めるとともに、法令を遵守すること。

〈参考〉

<問い合わせ先>
所管法令 担当課 電話
景品表示法 生活安全課消費者安全推進室 043-223-2794

食品表示法

(品質事項に関する事)

安全農業推進課食の安心推進室 043-223-3082

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部くらし安全推進課消費者安全推進室

電話番号:043-223-2292

ファックス番号:043-221-2969

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?