ここから本文です。

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年3月22日

行政書士に対する懲戒処分について

発表日:平成29年3月21日

千葉県総務部政策法務課

043-223-2169

千葉県は、行政書士法に基づき、本日、下記行政書士に対して業務禁止の懲戒処分を行いました。併せて、千葉県行政書士会に対し、所属会員に対する指導を徹底するなど、再発防止に努めるよう通知しました。

また、当該行政書士の行為は、刑法上の業務上横領罪に該当すると思料したことから、本日、当該行政書士を刑事告発しました。

1 対象行政書士(被処分者)

対象者
氏名 本橋 国雄(もとはし くにお)
住所

千葉市若葉区千城台東1丁目26番3棟206号

[事務所の所在地 市原市西五所8番地1]

登録番号 第08101484号
登録年月日 平成20年7月1日

2 処分の内容

業務の禁止 [根拠法令:行政書士法第14条第3号]

  • ※懲戒処分の中で最も重い処分
  • ※平成16年改正行政書士法施行後、千葉県では初

3 処分年月日

平成29年3月21日

4 処分の理由

(1)処分の原因となった事実

被処分者は、平成24年11月15日に、依頼人と生活、療養看護及び財産の管理に関する事務の委任契約を締結し、同年12月に、依頼人の通帳、印鑑及び現金等の管理を開始した。その後、被処分者は、平成24年12月から平成25年7月まで17回にわたり、自己の利益のために計780万円を依頼人の口座から引き出し費消した。

(2)処分の根拠となる法令の条項

(1)の各事実は、次の各規定に該当し、行政書士法第14条第3号の懲戒処分事由に該当する。

  • ア 信用又は品位保持義務違反(行政書士法第10条)
  • イ 会則の遵守義務違反(行政書士法第13条)
    • 日本行政書士会連合会会則第60条及び千葉県行政書士会会則第19条違反
  • ウ 行政書士たるにふさわしくない重大な非行(行政書士法第14条)

5 処分の効果

3年間行政書士資格登録の欠格事由となる(行政書士法第2条の2第7号)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部政策法務課文書審査・収発班

電話番号:043-223-2161

ファックス番号:043-201-2612

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?