• 病院紹介
  • 病院ご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:平成31(2019)年4月8日

整形外科診療案内

診療日程

曜日別担当医表

曜日

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

医師

北﨑

久保田

久保田

戸口

北﨑

戸口

久保田

戸口

紺野

北﨑

戸口

業務案内

スタッフ

北﨑等(整形外科部長)、久保田(医長)、戸口、紺野

対象

首から足の爪までの、骨・関節・神経にかかわる全ての病気・けがの診断治療を行っています。
年齢を重ねることで形が変わったりすりへったりした関節、生まれつき神経の束が通っている管が狭い方、けがによる骨折。具体的な病名は後述しますが、ほとんどの場合、「痛い」・「しびれる」・「動かない」「曲がらない」という症状が現れます。
その原因が骨・関節・神経からくる場合に整形外科での治療になります。

方針

病気やけがの種類や症状によって、手術になる場合もあります。

しかし、できるだけ手術を行わない方法(保存療法)で治すことを目指しています(たとえば、アキレス腱断裂など)。もちろん、手術でしか治癒の効果が期待できない場合は、できるだけ多くの情報を示し、患者さんに決定してもらう方針で手術を行います。(インフォームドコンセント・インフォームドチョイスを目指しています)

自己血輸血ー輸血の可能性がある時は、手術前に自分の血をとっておき必要に応じて使用します(他人の血液を使いません)。

手術の後は、できるだけ早くリハビリテーションを行い、一日も早い退院が目標です。

病気・けがのすべての患者さんに対して、「もし、自分が患者だったらどうしてほしいか」「もし、家族だったら何を行ってもらいたいか」・を常に念頭におき診療にあたっています。

そして、一日も早い機能の再建・社会復帰を目標としています。

具体的な病気・けがの例

(脊椎)

頸椎椎間板ヘルニア・頸部脊柱管狭窄症・頸椎後縦靱帯骨化症・腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊椎管狭窄症

(股関節)

変形性股関節症・先天性股関節脱臼

(膝関節)

変形性膝関節症・膝半月板損傷・膝前十字靱帯損傷・膝内障(末梢神経・手の外科)肘部管症候群・手根管症候群・腱鞘炎(ばね指)・陥入爪

(その他)

慢性関節リウマチ:抗リウマチ薬による内服治療、理学療法から滑膜切除術、人工関節全置換手術まで一貫して行っています。特に最新の抗リウマチ薬である、生物学的製剤、抗ヒトTNFαモノクロナール抗体の投与も行っています。