• 病院紹介
  • 病院ご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年7月17日

これまで頂いたご意見(2019年)

  1. 患者さまからのご意見(2019年6月)
  2. 患者さまからのご意見(2019年5月)
  3. 患者さまからのご意見(2019年5月)
  4. 患者さまからのご意見(2019年5月)
  5. 患者さまからのご意見(2019年5月)
  6. 患者さまからのご意見(2019年4月)
  7. 患者さまからのご意見(2019年2月)

患者さまからのご意見(2019年6月)

県立病院の体質について

佐原病院の訪問看護ステーションは、業績を伸ばすために、退院する患者全てに訪問看護を提供しようとしています。退院時には、必ず訪問看護を利用するよう、担当する看護師に指示しているようです。

医療費の高騰が問題になっている中、業績を上げるために、必要のない患者にまで無理やり訪問看護を利用させていいのでしょうか。

病院からの回答

この度は、佐原病院の運営についてご意見をいただき誠にありがとうございます。

当院では、入院された患者様の退院後に、可能な限りご自身が望まれる形で、ご自宅や介護施設等の住まいにお帰りいただけるよう、患者様の状況やご家族のご都合などを勘案しながら退院調整をさせていただいております。訪問看護のご利用はそのうちの一つの選択肢であり、すべての患者様にお勧めすることはございません。また、一般的に病院に入院して療養するよりも、訪問看護を活用しながら自宅で療養する方が自己負担額は少なくなります。

ご指摘いただいたようなことはございませんのでご安心ください。ご理解いただきますようお願い申し上げます。

病院長

患者さまからのご意見(2019年5月)

肺炎のため救急車で入院し、先生、看護師の暖かい治療をいただきました。88歳で入院し、入院中に89歳になり、この先90歳の坂を登らなくてはなりません。お陰様で元気になり、90歳の坂を乗り越え100歳の道を元気で登ります。先生、看護師の皆様、暖かい御指導をいただきありがとうございました。

病院からの回答

この度は、職員の励みになるお言葉をいただき、ありがとうございます。今後とも、患者さまの立場に立った医療・看護を提供できるよう、職員一同尽力してまいります。

病院長

患者さまからのご意見(2019年5月)

本日退院します。重篤な状態から無事退院できますことは、先生をはじめ本館、新館の看護師さんのおかげです。本当にありがとうございました。家族も同じ気持ちです。これからは外来に通いながら夫婦ともども一日も長く生きられるよう頑張ります。

病院からの回答

この度は、職員の励みになるようなお言葉をいただき、ありがとうございます。今後とも、患者さまの立場に立った医療・看護を提供できるよう、職員一同尽力してまいります。

病院長

患者さまからのご意見(2019年5月)

私達は、全く先が見えない状態で、あとどれ位続くかわからない不安な時に、看護師さんの心無い一言がありました。

  • 看護師の言う事を聞かず動き回る人は、ここに居てもらっては困る。患者1人に看護師1人は付けられないと言われました。
  • 看護師さんが足りず忙しいのも分かりますが、家族が病院に居ない時に患者が何かした時に、家族がいないからですよねと言われました。
  • ひどい時は、家族・兄弟・子供・親戚、誰でもいいので付き添いの人を付けてくださいと言われました。

看護師さん2~3人の方のことです。他の看護師さん達には優しくしていただき、本当に感謝しています。

病院からの回答

この度は、患者様ご家族への配慮に欠けた私達の言動により、不快感や不信感を抱かせてしまい、大変申し訳ございませんでした。先の見えない入院生活において患者様およびご家族の心情を理解することなく、私達は業務優先の対応をしてしまったことを深く反省しております。

大切なご家族の入院は、ご本人だけでなくご家族にも大きな不安と負担を伴うこと、また、ライフスタイルにも大きく影響を与えることを理解し、看護師目線の考えではなく、相手の立場に立つ必要があったことを、この度の振り返りの中で痛感いたしました。

今後は、看護師としての自覚をより一層深め、患者様およびご家族の信頼を得られるように努力してまいります。

病院長・病棟看護師長

患者さまからのご意見(2019年5月)

  • 他の病院からアドバイスを受け、佐原病院に来ました。午前11時半を過ぎていましたが、希望した診療科を紹介されず、他の診療科へと行きましたが、特に異常無しでした。
  • 翌々日から旅行のため、気になり、初診日から3日後に再度来院し、当初希望していた診療科で検査し、その結果、即入院となりました。
  • 最初の来院時に、少々時間が過ぎても対応いただければと思い、一言書きました。

(退院時にいただいた「患者さまの声」)

今日午前をもちまして退院の運びとなりました。先生方をはじめ、お世話になった沢山の看護師さん、各部のスタッフの皆様に深く感謝申し上げます。

病院からの回答

この度は、ご来院時に、患者様が希望されていた診療科を受診いただくことができなかったこと、そして、そのために患者様に不安を抱かせ、再度来院いただくことになったことをお詫び申し上げます。患者様の症状をお伺いし、最も適切な診療科を受診いただくことが重要と認識しておりますが、病院内での診療科間の連携が十分ではなかったことを反省しております。いただいたご意見を真摯に受け止め、患者様の立場に立った医療・看護を提供できるよう、より一層尽力してまいります。

なお、患者様が順調に回復されましたことを職員一同大変うれしく感じております。

病院長

患者さまからのご意見(2019年4月)

数年前に家族が同じくお世話になった時は、看護師の皆様は献身的に看護してくださいました。今回は自分が入院したのですが、1人の看護師の対応がとても悪く、患者を人として扱っていなかった。人を物のような態度で接し、自分だけではなく他の人にも同様でした。私たち患者は人間です。その看護師はこの仕事に向いていないと感じました。今度またお世話になる予定です。気持ちを入れ替えるようにその看護師へ注意してください。県立の印象が悪くなる。患者は物じゃない。もう入院はしたくない気持ちになりました。

病院からの回答

この度は、私の対応に至らぬ点があり、患者様にご不快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申し上げます。

これまでの自分自身の患者様に対する言動を振り返り、患者様やご家族に対して配慮に欠けていた言葉、行動があったと深く自覚致しました。自身の言動を振り返り、業務中心の身勝手な言動から、患者様に大変不快な思いをさせてしまいました。自身自身の言動が看護職として大きな責任があることを自覚し、患者様の状況や気持ちを考え、言葉、行動には細心の注意を払い看護に努める必要がありました。

今後は、二度とこのようなことがないように、看護師としての自覚を強く持ち、患者様やご家族の立場に立った丁寧な対応をすること、また患者様、ご家族が安心して入院生活を送ることができるように努めてまいります。

病院長・職員

患者さまからのご意見(2019年2月)

  • 付き添いが必要となる場合があるならば、事前(入院相談時)に話していただきたい。
  • 付き添うにしても、簡易ベッドなど最低限必要な設備がない。
  • 接遇など、各セクションの方の対応は良いが、入院受入についてセクション間の連携がうまくいってない。
  • 患者家族は、「していただく」立場から、物申し難く、改善につながる苦情も言わないでいる。少しでも改善につなげていただきたい。

病院からの回答

この度は、入院予約をいただいた当院入退院センターと病棟間での連携不足、患者様およびご家族への配慮不足により、不快感や不信感を抱かせてしまい、大変申し訳ございませんでした。

病院内の各部署間や看護師個々での「付き添い」に対する認識のずれがあり、「付き添いは無し」という病院としての原則から大きく逸脱していたことを改めて確認いたしました。同時に「患者様の安全のため」としながらも、看護師目線の考えであったことを振り返りいたしました。

大切なご家族の入院は、ご本人だけでなくご家族にも大きな不安と負担が伴い、ライフスタイルにも大きく影響することを理解しながらも、安易な付き添い依頼や思いやりに欠けた言動をとってしまいましたことを猛省しております。

今後は、このようなことがないよう病院内のルールを明確にし、ルールに則った対応をとることと、万が一に、ご家族が付き添われる場合には、少しでも快適にお過ごしいただけるよう、寝具等の整備を行う予定です。

看護師としての自覚をより一層深め、患者様およびご家族の信頼を得られるよう努力してまいります。

病院長