ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年2月18日

「次世代モビリティパワーソース研究センター」見学会について

ちば新事業創出ネットワークでは、産学官連携の促進の一環として、下記のとおり見学会を開催します。
千葉大学大学院工学研究科附属施設として、平成25年4月に設置され、平成26年5月に完成した施設で、次世代モビリティパワーソースの研究開発及び実用化の拠点として、産学官連携による世界に先駆けた高効率で低公害の自動車用パワートレインの研究開発及び実証を行い、製品化を推進することを目的としています。

研究開発は、<1>内燃機関技術<2>燃料<3>車両全体<4>制御技術の4つの研究開発要素を大きな2つの研究分野(コンソーシアム)でくくり、相互に多数の会社と大学などの研究者が連携する体制をとっています。

ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

※ 本見学会は終了しました。

1.見学会の名称

平成26年度ちば新事業創出ネットワーク 施設見学会
「次世代モビリティパワーソース研究センター」

2.日時

平成27年2月10日(火曜日)14時00分~16時00分

3.場所

次世代モビリティパワーソース研究センター外部サイトへのリンク

(千葉大学・西千葉キャンパス内(千葉市稲毛区弥生町1-33))

  • JR西千葉駅より西千葉キャンパス南門まで徒歩約2分
  • 京成みどり台駅より西千葉キャンパス正門まで徒歩約7分
  • 千葉都市モノレール天台駅より北門まで徒歩約10分

※公共交通機関をご利用ください。

4.集合場所

  • サイエンスパークセンター
  • 2F 206会議室

5.内容

見学会(14時00分~16時00分)

「次世代モビリティパワーソース研究センター」研究内容紹介

HCCIエンジンの研究

新たに提案したフローダウン過給システムにより、従来よりも広い運転領域でHCCI燃焼を成立させ、従来ガソリン機関に比べて最大30%程度、熱効率を改善できることを実証。また、燃料の種類に対するロバスト性の向上、燃料性状の違いを利用した研究にも取り組んでいる。

エンジン筒内の燃焼観察・光学計測

高過給エンジン筒内の異常燃焼発生要因などの現象解析のために、ピストン・シリンダに光学アクセス可能な観察窓を備えた可視化エンジンやエンジン実機にエンドスコープを取り付け、燃焼室内の燃焼過程の高速度撮影や光学計測に取り組んでいる。

高効率・低エミッション化技術の提案と実証

6基のエンジンテストベンチを備えており、ガソリン/ディーゼル/天然ガスエンジンの高効率・低エミッション化のための技術課題について、数値シミュレーションやモデル実験により基礎検討された技術の実証試験などを実施。

過給機テストスタンド/シャシーダイナモ

自動車用ターボ過給システムの性能試験、ターボチャージャのモデリングのための基礎データ取得を目的に、ターボチャージャの単体性能試験が可能な設備を導入。車両性能試験用のシャシーダイナモも3月末導入予定。

6.申し込み

  • 参加費:無料
  • 定員:20名(定員を超えてお受けできない場合のみ、事務局から連絡します。)
  • 申込方法:パンフレットの裏面「参加申込書」に必要事項を記載の上、ファクスにてお申し込みください。

「次世代モビリティパワーソース研究センター」見学会(パンフレット)(PDF:477KB)

  • 申込先:(公財)千葉県産業振興センター 産学連携推進室FAX.047-426-9044

7.問い合わせ先

(公財)千葉県産業振興センター  新事業支援部  産学連携推進室

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業振興課産業技術班

電話番号:043-223-2718

ファックス番号:043-222-4555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?